武庫川女子大学 大学案内2018
37/144

MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30初期演習英語 Ⅰ教職への道10:45~12:15English for My Life英語 Ⅰ情報リテラシー教育原論13:05~14:35障害児の発達教育論日本国憲法体育Ⅰ (講義)保育者論14:50~16:20大学生活入門教科図画工作保育の心理学 Ⅰ16:30~18:00論理的思考法 Ⅰ特別支援教育は、子ども一人ひとりの教育的ニーズを踏まえた適切的確な指導が必要です。きめ細かなアイデアあふれる教育の在り方を学びます。 特別支援教育は、「教育の原点」「きめ細かな教育」と言われます。決して「特別な教育」ではありません。特別支援教育を広い視野から捉え、子どもたちが主役の具体的で工夫に満ちた指導を求めていく中で、特別支援教育にとどまらない教育の深さが見えてきます。さらに、特別支援教育は、チームで実践する教育です。仲間と共に、無数にある「具体的な指導」を積み上げ、教師に最も必要な心、知識、技術の資質を学んでいきましょう。研究室Pick Up特別支援教育学研究室 橋詰 和也 准教授  小学生の頃から幼稚園教諭になりたいという夢を持っていた私はオープンキャンパスに参加し、学校教育館を見学しました。その設備の良さに心を打たれ、武庫川女子大学の教育学科を選びました。 授業で学んだことを附属保育園でのボランティアで実践しています。子どもたちがいろいろと尋ねてきた時に、初めは戸惑っているだけでしたが、「教育原論」で学んだ「子どもが持つ疑問を共有する」という話を思い出し、子どもたちと向き合いながら、一緒にその問いについて考えることができました。また、「保育者論」で教わった手遊びや歌は、子どもたちとの遊びに役立ちました。 将来は「先生といれば毎日が楽しい」と頼りにしてもらえるような幼稚園の先生になりたい。そのために必要なピアノの練習を頑張っています。※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共共共共[前期分]子どもたちに信頼される幼稚園教諭を目指しています。ボランティアは附属保育園で行っています。■ 瀬在 菜々美 さん (1年生) 大阪府立 刀根山高校出身学生メッセージTOPICS (トピックス) 学校教育館のコミュニティ・アゴラは、友達と食事をしたり、一人で勉強したりできるので便利です。自慢の施設・設備 丹たんれいがくえん嶺学苑研修センターでのクラスメートとの宿泊研修。クラスの仲間意識が芽生えた行事でした。私のおすすめイベントカリキュラムの特長■小学校教員・特別支援学校教員を目指す「小学校教育コース」と、幼稚園教員や保育士を目指す「幼児教育・保育コース」に分かれ、それぞれの専門教育を重視して学びます。■各コースには、必須科目である「基礎プログラム」に加えて、8つの「発展プログラム」があります。「発展プログラム」とは自分が目指す将来像に合わせて選択し、強みとなるものを身に付けるための科目グループです。(例)音楽に強い幼稚園教員を目指したい「表現力を高める」を選択国際教育の分野に強い小学校教員を目指したい「国際的な視野をもつ」を選択+MFWIプログラム(P.098・P.102)科学的な思考を持った子どもを育てたい「子どもと科学」を選択配慮の必要な子どもへの支援を学びたい「特別なニーズと支援を知る」を選択小学校教員・特別支援学校教員を目指す小学校教育コース基礎プログラム8つの「発展プログラム」幼稚園教員や保育士を目指す幼児教育・保育コース基礎プログラム8つの「発展プログラム」目指す将来に合わせて選択Department of Education, School of Letters教育学科文学部 Campus Guide 2018035

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る