武庫川女子大学 大学案内2018
139/144

私たちは、自立した学生を社会に送り出すため、主体性・論理性・実行力を培う女子教育に取り組んでいます 武庫川女子大学は、文系、理系、健康・スポーツ系、芸術系、医療・福祉系に及ぶ大学6学部14学科、短期大学部7学科、大学院6研究科を有し、わが国の女子大学で最多の1万人が学ぶ、教育・研究の水準、教育環境、規模において屈指の女子総合大学です。本年は、様々な看護実践の場で質の高い教育研究能力を発揮できる人材を育成する、博士後期課程を看護学研究科に設置しました。校祖・公江喜市郎が武庫川学院を創設武庫川高等女学校開校武庫川女子専門学校開校武庫川学院中学校開校(1995年、武庫川女子大学附属中学校に改称)武庫川学院高等学校開校(1995年、武庫川女子大学附属高等学校に改称)武庫川学院女子大学開学(1958年、武庫川女子大学に改称)。学芸学部設置武庫川学院女子短期大学開学(1985年、武庫川女子大学短期大学部に改称)学芸学部を文学部と家政学部に改組音楽学部設置薬学部設置武庫川女子大学大学院修士課程開設公江記念講堂竣工、記念庭園、学院記念館完成武庫川女子大学附属幼稚園開園武庫川女子大学専攻科開設1939年1939年1946年1947年1948年1949年1950年1958年1959年1962年1966年1977年1979年1985年2月4月4月4月4月4月4月4月4月4月4月11月4月4月25日1日1日1日1日1日1日1日1日1日1日2日1日1日浜甲子園キャンパスに薬学部学舎竣工武庫川女子大学大学院博士後期課程開設米国・ワシントン州スポケーン市にアメリカ分校(MFWI)開学式家政学部を生活環境学部に改組理事長・学院長に大河原量就任日下記念マルチメディア館竣工生活環境学部に建築学科、大学院に生活環境学研究科建築学専攻を設置学長に糸魚川直祐就任東京・帝国ホテルタワーに東京センターを開設(2017年1月、東京駅八重洲中央口前に移転)武庫川女子大学附属保育園開園健康・スポーツ科学部、大学院に健康・スポーツ科学研究科を設置看護学部、大学院に看護学研究科を設置学校教育センターがオープンスポーツセンター設置1987年1989年1990年1994年2001年2002年2006年2008年2008年2010年2011年2015年2017年11月4月10月4月9月5月4月4月12月4月4月4月2月28日1日13日1日2日13日1日1日1日1日1日1日1日武庫川学院の歴史女子大学が、女性の人材育成に果たす役割と責任は、さらに増していきます 「学問を究め、女性の未来を拓ひらく。資格と就職に強い大学」。本学のキャッチフレーズです。本学は高い就職率を維持し、一般企業だけでなく、教員や公務員の合格者数も、全国の女子大学の中でトップクラスの実績をあげています。大学は本来、勉学をするところであり、「真理の探究」の場です。本学の強みは学生が深く学ぶ意欲を持ち、そして、それを支え、大きく伸ばす教育環境が整っていることです。その強みこそが高い就職率や多くの資格取得を実現させています。 女子大学は、女性の人材育成に大きな役割を果たしてきました。今後、その役割と責任はさらに増していきます。本学はこれからも女子総合大学の強みを生かし、教育と研究の質向上に努めていきます。学長メッセージ「学問を究め、女性の未来を拓ひらく。資格と就職に強い大学」。大学は「真理の探究」の場です。大いに学んだ学生が高い就職率や資格取得を実現させています。武庫川女子大学 学長 糸魚川 直祐自立した女性は何事に対しても、主体的に学び、行動します 本学の教育理念は、「高い知性、善美な情操、高雅な徳性を兼ね具そなえた有為な女性を育成する」という、校祖・公江喜市郎先生が建学の理想とした「立学の精神」によって示されています。「高い知性」とは、常に真理を追い求めるすぐれた知性です。「善美な情操」とは、感性豊かな潤いのある心です。「高雅な徳性」とは、人を思いやり、人のために尽くす精神です。 私たちは、この3つを兼ね備えた女性の育成を目指し、幅広い教養と豊かな人間性を育む全人教育を行い、主体性・論理性・実行力を培う女子教育に教職員が一丸となって取り組んでいます。 自立した女性は何事に対しても、まず自分で考え、積極的に課題に取り組みます。大学での勉学は、教員から知識を一方的に受け入れるのではなく、自分がなぜその知識を必要とするのか、また、その知識のどこが分かり、どこが分からないのかを自分自身が考え、友人と語り合い、教員に質問し、本を読み、主体的に学び、行動することです。Campus Guide 2018137

元のページ  ../index.html#139

このブックを見る