武庫川女子大学 大学案内2018
122/144

建築スタジオ建築スタジオ甲子園会館甲子園会館上甲子園キャンパスは、中央キャンパスの北約2km、緑の多い閑静な住宅街の中にあります。「甲子園会館」と「建築スタジオ」の2つの校舎があり、建築学科のメインキャンパスとして使用されています。甲子園会館は、1930年竣工の歴史的建造物。昭和の名建築として広く知られています。その甲子園会館とキャンパス内で調和・競演しているのが、現代的なデザインを取り入れた建築スタジオです。設計演習のためのスタジオなど充実した最先端の設備を備えており、建築学科の学生はこれらの校舎を生きた教材として学んでいます。昭和の名建築「甲子園会館」と最先端の「建築スタジオ」が競演するキャンパス。西ホール甲子園会館(国登録有形文化財) 甲子園会館では主に1年生が学んでいます。20世紀を代表する建築家フランク・ロイド・ライトの愛弟子・遠藤新が設計した「甲子園ホテル」を戦後、本学が教育施設として再生しました。ホテル時代は「東の帝國ホテル、西の甲子園ホテル」と並び称されました。かつて食堂だったホールには現在、製図台とコンピュータが並び、設計スタジオとして使用されています。瓦・タイル・装飾などの芸術作品に囲まれた総合芸術としての甲子園会館で、学生は卓越したデザインを習得。歴史的空間に対する価値観を育み、文化財修復技術を学びます。歴史に残る名建築で「総合芸術」としての建築空間を体感できます。アトリエトルコ文化研究センター 大工道具室トルコ文化研究センター 生活道具室スタジオ上甲子園キャンパスFacilities & Equipmentキャンパス施設・設備120Mukogawa Women's University

元のページ  ../index.html#122

このブックを見る