武庫川女子大学 大学案内2018
117/144

 料理をする場所です。IHタイプとガスタイプの両方のコンロを設置。食器乾燥機も完備しています。実習室 食物栄養学科・食生活学科・大学院食物栄養学専攻の研究と教育の場で、地域高齢者の栄養状態の改善と生きがい高揚を支援する拠点にもなっています。館内には水分子をコントロールし細胞組織を壊れにくくする装置、CAS(Cell Alive System)を備えています。 毎年延べ800人以上の学生が、栄養士の免許や管理栄養士の受験資格を得るために学外で実習します。臨地実習センターは学外の実習施設と連絡を取る場所で、主に大学3・4年、短大2年の学生が利用します。臨地実習センター 病気のため、食事が制限されている方々に栄養指導する場所です。完全予約制。体重や身長、筋肉量などに見合った食事をしていただくよう指導します。栄養サポートステーション栄養科学館28 防音・音響・空調などに細心の注意が払われたレッスン室や練習室を備えています。一人ひとりが時間をかけて練習することができます。地下の演奏ホールは約250人を収容できます。音楽館17演奏ホールコンピュータ実習室キャリアセンター 100食分の給食を提供できる給食経営管理実習室や臨床栄養学実習室などを備えた管理栄養士養成の拠点です。健康科学館16給食経営管理実習室 生活環境学部生活環境学科・短期大学部生活造形学科の拠点。多くのミシンを備えたアパレル生産実習室では、衣服の制作に集中できます。生活環境1号館20 生活環境学部食物栄養学科・短期大学部食生活学科の実験室や研究室などがあります。最新の多くの実験機器を導入しています。生活環境2号館22 総合スタジオでは、実際に小物などを使って表現力を養うディスプレイの実習などが行われます。実体験ラボは壁・天井の位置を自由に変えることができ、インテリア計画における空間構成の感覚を磨きます。生活環境1号館別館21食品学実験室実体験ラボ総合スタジオ被服造形学実習室 館内に多数のコンピュータを備えた大型情報施設で、生活環境学部情報メディア学科の拠点。地下のスタジオM+(エムプラス)ではクロマキー合成などCGを使用した本格的な映像編集が可能。1階には留学生との交流スペースなどを設けた国際センターやICT活用の推進をサポートする情報教育研究センターがあります。2階のキャリアセンターでは、多目的スペースを数多く設けて、学生と企業・卒業生との交流を促します。日下記念マルチメディア館8書道教室アクティブラーニング教室 インターネットを介したテレビ電話で英会話のレッスンができるSkype RoomやTOEIC、TOEFL、英検などの語学学習に役立つ教材を取りそろえているLLライブラリ、約400人を収容する大教室があります。地下の書道教室には、手本となる運筆を学ぶため、プロジェクターで手元を投影できる最新の機材を備えています。文学2号館13Campus LifeCampus LifeCampus Guide 2018115

元のページ  ../index.html#117

このブックを見る