武庫川女子大学 大学案内2018
106/144

交換留学協定を締結している海外の大学に留学できる制度を設けています。留学先の大学で修得した単位は、本学の卒業単位として認定され、留学期間は本学の在学期間に算入されるため、休学せずに4年間で卒業することも可能。留学期間中の授業料は、通常通り本学へ納入することで、協定大学の授業料が免除されます。本学と協定大学の両方で学位を取得する「ダブル・ディグリー(二重学位)」を達成する学生も続々と誕生しています。●1 セント・マーチンズ大学■派遣人数/1人■留学期間/8月~翌年5月■TOEFL500 (iBT61)アメリカ●2 イ-スタン・ワシントン大学■派遣人数/1人■留学期間/9月~翌年6月■TOEFL525 (iBT71)アメリカ交換留学生派遣大学●3 マウント・ロイヤル大学■派遣人数/2人■留学期間/9月~翌年4月■TOEFL560 (iBT83)カナダ●4 セントラル・ランカシャー大学■派遣人数/若干名■留学期間/9月~翌年5月■IELTS/総合6.0以上 各スコア5.5以上イギリス●5 マードック大学■派遣人数/5人■留学期間/2月~11月■TOEFL510 (iBT64)オーストラリア●6 クイーンズランド工科大学■派遣人数/2人■留学期間/2月~11月■TOEFL525 (iBT71)オーストラリア●7 サンシャイン・コースト大学■派遣人数/2人■留学期間/2月~11月■TOEFL550 (iBT79)オーストラリア●8 梨花女子大学■派遣人数/2人■留学期間/3月~12月■GPA2.5以上韓国●12 ハノイ貿易大学■派遣人数/2人■留学期間/9月~翌年6月■TOEFL525 (iBT71)ベトナム●9 韓南大学■派遣人数/4人■留学期間/3月~12月■GPA2.5以上韓国●10 山東大学(威海)■派遣人数/2人■留学期間/2月~11月■中国語検定(HSK)4級以上中国●11 ホンバン国際大学■派遣人数/2人■留学期間/9月~翌年6月■TOEFL525 (iBT71)ベトナム韓国2校●8 梨花女子大学●9 韓南大学●4 セントラル・ランカシャー大学イギリス1校交換留学生(派遣)の声韓南大学[韓国]Student's Message生活環境学部 情報メディア学科有年 茜 さん (2年生)姫路市立 琴丘高校出身 小さい頃から映画や音楽が好きでした。韓南大学への留学を決めたのは、特に韓国の映画・音楽や、それらを海外に発信する際のマーケティング手法に興味があったからです。現地では、授業で日常的に行われるグループワークや発表に注力。広告について学ぶ授業での発表には、韓国人学生のプレゼンテーションのレベルに追い付けるよう、相当の準備を行った上で臨みました。またイベント経営論の授業では、イベントコンテンツの制作を担うグループの一員に。グループ活動の成果を競う学内コンテストで入賞し、「一生懸命に取り組めば勉強も楽しめる」ということに気付くことができました。留学を通じて培った何事にも挑戦する姿勢を生かし、より充実した学生生活を送りたいと思います。何事も全力で取り組めば楽しめることを体感。学びに対するモチベーションが高まりました。●13 銘めいでん傳大学■派遣人数/4人■留学期間/9月~翌年6月■TOEFL525 (iBT71)台湾中国1校●10 山東大学(威海)台湾1校●13 銘めいでん傳大学ベトナム2校●11 ホンバン国際大学●12 ハノイ貿易大学カナダ1校●3 マウント・ロイヤル大学アメリカ2校●1 セント・マーチンズ大学●2 イ-スタン・ワシントン大学交換留学(2017年3月現在)派遣学生全員に奨学金を支給しています。 本学では交換留学中の学生を経済面から支援するため、留学期間中、全派遣学生に対して留学地域によって「月額6〜8万円」の奨学金を支給しています。(2017年3月現在)オーストラリア3校●5 マードック大学●6 クイーンズランド工科大学●7 サンシャイン・コースト大学 留学開始年度において大学2年生以上で、出願に必要な語学力の基準点を超えている、学業成績優秀で勉学意欲の旺盛な者。※TOEFL®(Test of English as a Foreign Language)は、英語を母国語としない人々の英語能力を判定する試験です。英語圏の高等教育機関へ留学する際には、各機関の定める基準点以上を提示するように求められます。※iBT(internet Based Test)はインターネット版テストです。※イギリス留学については、IELTSが必要です。※韓国留学については、韓国語能力を証明する書類の提出が必要です。※ベトナム留学については、国際センターに相談してください。出願資格104Mukogawa Women's University

元のページ  ../index.html#106

このブックを見る