横浜市立大学 大学案内2019
83/132

附属市民総合医療センターは、市民の生活に密着した医療機関であると同時に、市内唯一の高度救命救急センターを有する三次救急医療の拠点でもあります。当院は地域の基幹病院として、市、県および地域医療機関との連携関係のもと、「神奈川県総合周産期母子医療センター」「神奈川県精神科救急医療基幹施設」「災害拠点病院」「地域がん診療連携拠点病院」など、政策的医療を実施するとともに、高度で先進的な医療や合併症など集学的治療を必要とする症例の受入を進めています。さらに、「地域医療支援病院」として他の医療機関との連携と役割分担を今後ますます進めながら、横浜市の医療の充実に貢献していきます。最先端の高度医療から地元密着型医療まで、幅広く学べる環境。附属市民総合医療センターは、高度専門医療や救急医療を通じて地域社会に多大な貢献をする、まさに横浜のインフラです。YCUは福浦、浦舟(センター病院)という、歴史と特徴の異なる2つの附属病院を有し、高度先進医療から地域密着型医療まで幅広い医療を、多くの症例に接しながら実習・研修できる環境を整えています。この恵まれた環境が、国家試験の合格率の高さや初期臨床研修医受け入れのフルマッチの達成につながっていると自負しています。医療職は、身に付けた専門知識を目の前の患者さんに直接役立て、目の前で患者さんの喜びを直接感じる、やりがいのある職業です。YCU で社会に貢献する医療人としての資質を大いに高めてください。Takahisa Goto附属市民総合医療センター病院長後藤 隆久先輩方とも活発に情報共有を行い望ましい看護を共に考えていく。看護師2年目として小児科病棟で勤務しており、気持ちや症状をうまく伝えられない子どもへの関わり方や、年代や性格による対応を学んでいます。ペア看護方式では、先輩方とペアを組む中で活発な情報共有と望ましい看護を共に考えることで刺激を受けています。YCUでは医学科と看護学科が併設しているため、医療分野の知識をより深めることができ、附属2病院での実習を通して、先進医療や地域医療に触れながら成長できました。日々の生活面や進路についても細やかにサポートしてくださる先生方が揃っている温かい環境です。Hibiki Nagai附属市民病院医療センター 看護師永井 響2017年3月 横浜市立大学 医学部看護学科 卒業神奈川県立相模原高等学校卒多様な経験を積み、医療人としての研鑽を重ねられる。研修医2年目として、月単位でさまざまな科をローテートしながら患者さんの診察・検査・治療方針決定などに関わり、上級医の先生や他職種の方々と議論し、そこから学びながら医療人としての研鑽を積む日々です。また、学会発表や小児科サマーキャンプなどのイベントにも参加して医療行為以外の面でも多様な経験をさせていただいています。多くの人口と医療機関を抱える横浜での医療は、クリニックでの外来診療から大学病院での最先端の治療まで幅広い領域となっています。YCUで医学や看護学を学べば、きっと多くの選択肢が得られるかと思います。Yusuke Sakata附属市民病院医療センター 研修医坂田 雄祐2017年3月 横浜市立大学 医学部医学科 卒業神奈川県 私立栄光学園高等学校卒病院長・卒業生メッセージ横浜市立大学附属市民総合医療センター(横浜市南区浦舟町)学びのフィールド共通教養グローバル教育ヨコハマで学ぶ領域横断教育国際教養学部国際商学部理学部データサイエンス学部医学部大学院⁄研究施設学生支援キャンパスライフキャンパス紹介入試データ等81

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る