横浜市立大学 大学案内2019
54/132

■ 4年間の学びのイメージ■ 6つの履修モデルと4つのクラスター(科目群) 6つの履修モデル国際協力論国際開発学グローバル政治論国際法Ⅰ国際法Ⅱ海洋法グローバル公共政策論国際機構論Global IssuesLearning Global Cooperation in EnglishInternational Cooperation in Urban Development国際人権法応用言語論英米言語文化A英米言語文化B翻訳文化論A翻訳文化論B社会言語論A社会言語論BEuropean Culture in English英語構文研究都市計画論都市解析地域活性化論都市と暮らし比較社会システム論住環境計画論地方自治論都市空間形成論地域CSR論都市デザイン論参加・協働論都市財政論資源循環論都市防災計画論不動産マネジメント論CSR実践論非営利組織論観光政策論横浜の都市づくり労働生活政策論環境まちづくり論文化政策論地域保健医療福祉論日本の都市計画と都市開発海外調査実習専門外国語A(フランス語)専門外国語B(フランス語)専門外国語A(ドイツ語)専門外国語B(ドイツ語)専門外国語A(スペイン語)専門外国語B(スペイン語)専門外国語A(中国語)専門外国語B(中国語)専門外国語A(韓国・朝鮮語)専門外国語B(韓国・朝鮮語)アジア諸言語Ⅰ(タイ語)アジア諸言語Ⅱ(タイ語)アジア諸言語Ⅰ(ペルシャ語)アジア諸言語Ⅱ(ペルシャ語)医療イノベーション経営管理論サービス・ビジネス論Ⅰサービス・ビジネス論Ⅱ公会計論起業家人材論起業プランニング論医療経営論Global Business AdministrationGlobal Business StrategyGlobal Organization TheoryJapanese IndustryJapanese EconomyGlobal LeadershipGlobal Service ManagementGlobal Human Resource DevelopmentIntroductory AccountingⅠIntroductory AccountingⅡIntermediate AccountingInternational BusinessBasics of Corporate Analysis and ValuationGlobal Innovation ManagementGlobal MarketingAdvanced Topics in EconomicsIntroduction to IFRSs民法・物権Ⅰ民法・物権Ⅱ民法・債権Ⅰ民法・債権Ⅱ 環境法財務諸表分析Ⅰ財務諸表分析Ⅱ経済統計Ⅰ経済統計Ⅱ経済政策Ⅰ経済政策Ⅱミクロ経済学Ⅰミクロ経済学Ⅱマクロ経済学Ⅰマクロ経済学Ⅱ行政法Ⅰ行政法Ⅱ国際金融論Ⅰ国際金融論Ⅱ金融論Ⅰ金融論Ⅱ計量経済学Ⅰ計量経済学Ⅱ経営財務論財政学Ⅰ財政学Ⅱ公共経済学コーポレート・ファイナンス代数学統計の数理Ⅰ統計の数理Ⅱ調査設計論多変量データ解析統計モデリングⅠ統計モデリングⅡ応用統計学Ⅰ応用統計学Ⅱデータマイニング機械学習データ可視化法ビッグデータ解析計算機統計学計算機概論情報理論アルゴリズム論数値解析最適化理論並列分散処理臨床研究・疫学入門Ⅰ臨床研究・疫学入門Ⅱ医療統計学計量経済学モデリングAⅠ計量経済学モデリングAⅡ計量経済学モデリングB金融時系列モデリングサンプリング法自然科学モデリング量子計算モデリング全学開放科目物理学系・数学系クラスター化学系クラスター生物学系・融合系クラスター医科学系クラスターGlobal Science理数自主研究Ⅰ理数自主研究Ⅱ理数自主研究Ⅲ課題提案型演習A課題提案型演習B総合学修科目群自然科学実験Ⅰ自然科学実験Ⅱ先端科学演習卒業研究Ⅰ先端科学実習卒業研究Ⅱ卒業論文地球科学実験生命科学実験生命機能計測実験物質計測実験実験実習科目群卒業研究関連科目群量子力学固体物性物理学演習生命物理学地震学電子物性マテリアルデザイン知覚情報科学環境毒性学極限環境生物学先端植物科学環境保全学生命情報科学創薬分析化学遺伝子機能科学先端タンパク質科学先端科学技術創薬有機化学錯体化学化学反応速度論量子化学天然物有機化学エネルギー変換動物生理学Ⅱ細胞工学資源生物利用学ゲノム遺伝学再生発生学専門発展科目群■ 理学部専門科目・全学開放科目一覧1年次2年次3年次4年次学部の特長共通領域横断1年次には全員が物理学、化学、生物学の基礎実験を必修で学びます。それにより、理学全般の基礎的な知識や、必要とされる実験技術をしっかりと修得し、専門教育にスムーズに移行できる基礎力を養います。2年次以降はさまざまな専門領域から目的をもって学ぶため、6つの履修モデルを用意し、体系的に学修できるようになっています。さらに、各科目は学問領域ごとにグループ化された4つのクラスター(科目群)を置き、このうち2つを選択して学びます。理学部では3年次後期に研究室に配属され、専門領域を追求していきます。領域横断型人材育成プログラム教養ゼミ/基礎ゼミPractical EnglishAdvanced Practical English全学開放科目共通教養科目物理、化学、生物に関する基礎知識と技術を学ぶ選択した科目群の知識・技能をもとに高度な専門科目を履修する専門科目を4つの科目群に分類し、そのうち2つを選択し、専門性を深める学修をさらに深化させ、4年間の集大成として卒業研究を行う研究室配属大学院科目の早期履修Global Science専門実験科目実験技法の修得科目実験の基礎科目振動と波動電磁気学熱力学地学概説基礎量子力学統計力学基礎生命物理学地球科学入門自然科学数学A(微分方程式)自然科学数学B(フーリエ解析)自然科学数学C(複素解析)自然科学数学D(ベクトル解析)基礎有機化学基礎無機化学化学熱力学分析化学有機化学無機化学溶液化学先端機器分析化学細胞生物学遺伝学植物生理学Ⅰ植物生理学Ⅱ分子生物学生化学Ⅰ生化学Ⅱ微生物学動物生理学Ⅰ分子細胞生物学放射線生物学糖鎖生物学タンパク質の構造生物化学遺伝子の生物化学構造創薬科学人体の解剖生理学脳神経科学分子細胞医科学臨床概論・疾病病態学発生・再生医学薬理学生命医科学特別講義物理で生命現象を解明できる人材細胞・生体の働きを理解し、医療関連に応用できる人材化学で生命現象を解明できる人材生命を脅かすさまざまな環境要因に対する生命の防御機構や適応機構を深く探究できる人材食糧問題や環境浄化に取り組める人材生体分子の構造と機能を理解し、創薬に応用できる人材※履修モデルの具体的な内容は調整中です。52

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る