横浜市立大学 大学案内2019
51/132

■ 学生の声1年次に経営・経済・会計について幅広く学び、2年次のゼミ選択からそれぞれの専門分野へ進むため、内容を理解したうえで自分に合う分野を探せます。経済学は生活に密に関わりながらも複雑でわかりにくい分野だと思います。日進月歩で新技術が開発され、お金を取り巻く環境も目まぐるしく変化していき、無知なままでいると取り残されていってしまいます。社会科学の中ではデータを取得しやすい学問でもあるため、経済に関する正しい情報を多くの人に理解してもらうためにも、これまで蓄積されてきたデータから未来の現象を予測できるようになりたいです。神奈川県 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校卒2年次後期の時間割の例国際総合科学部 経営科学系 経済学コース 3年田辺 美冬Mifuyu Tanabe経済に関する正しい情報を多くの人に届けたい。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月ー 金融システム論経営管理論Ⅱマクロ経済学Ⅱーーーー経済政策Ⅱ火計画数学ー経済思想史水ー演習Ⅱ木経済統計Ⅱ経済成長論金ーーーーーミクロ経済学Ⅱ社会科学の方法Ⅱ情報の経済学Ⅱー高校生の頃に公認会計士という職を知り、大学在学中に資格取得の勉強を始めようと決めていました。そんな時、YCUに会計学コースがあることを偶然知り、ここなら資格取得において必要な基礎も学べるのではないかと思い入学を決意しました。実際に、1年次に簿記3級、2年次に簿記2級、そして一部1級の範囲にも踏み込んだ講義を受けることができました。また、授業の空き時間を資格取得のための勉強に充てています。YCUでは簿記の基礎知識はもちろんのこと、さまざまな講義や活動を通して、経済・経営学という大枠の根本的な理解も深めることができました。将来はこの経験を生かして、監査法人で会計の専門家として働きたいです。神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒3年次後期の時間割の例国際総合科学部 経営科学系 会計学コース 4年赤城 希奈Kina Akagi簿記資格取得のための講義も充実。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月ーーーーーーーーー火企業論Ⅱーー水演習Ⅳ税務会計論Ⅱ木ーー金ーーーーーーー国際税務戦略ー中学生の頃にアメリカで暮らした経験から、アメリカと日本でのスーパーマーケットで食品の販売方法の違い、価格設定の違いに気づきマーケティングに興味をもちました。このきっかけから、将来は海外で営業やマーケティングに携わりたいと考えるようになり、グローバルな環境で経営を学べるYCUを志望しました。目標は、海外の企業と日本の企業の間により良い関係を築くための交渉役となることです。ゼミでの知識、専門分野以外の知識、部活動で学んだこと、少人数授業で培われたコミュニケーション能力や積極性などをフル活用することで相手の気持ちを汲み取り、アウトプットできる人材になりたいです。埼玉県 私立西武学園文理高等学校卒2年次後期の時間割の例国際総合科学部 経営科学系 経営学コース 3年軒野 秀則Hidenori Nokinoグローバルな環境で経営を学び将来は海外で活躍できる人材に。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月Global Business StrategyGlobal Innovation Management経営管理論Ⅱマクロ経済学Ⅱ経営組織論Ⅱーーーー火経営戦略論ⅡビジネスエコノミクスⅡ簿記入門Ⅱ水ーー木ーー金演習Ⅱーーーーミクロ経済学Ⅱ人的資源管理論Ⅱマーケティング論Ⅱー※学生の所属は、現行の学部・学系・コース名となっています。学びのフィールド共通教養グローバル教育ヨコハマで学ぶ領域横断教育国際教養学部国際商学部理学部データサイエンス学部医学部大学院⁄研究施設学生支援キャンパスライフキャンパス紹介入試データ等49

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る