横浜市立大学 大学案内2019
49/132

■ Pick up 授業国際経済学Ⅰノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマンは、彼の著書の中で新聞やニュースで「学生が国際経済について読んだり聞いたりすることのほとんどが、まったくでたらめ」と言っています。ではグローバル化がさらに深化する現代において、私たちは世界経済をどのように見たら良いのでしょうか。本講義は経済学を用いて、国際経済を分析する考え方・フレームワークを学びます。具体的には、貿易の基礎理論、特に生産技術の違いや生産要素の賦存量の違い、規模の経済性などをテーマに国際貿易理論を学修します。授業を通じて、貿易発生のメカニズムや貿易による利益を理解し、国際経済に関する問題について経済学的な観点から分析できる力を身に付けます。医療イノベーション経営管理論医療制度や政策の特徴を学ぶとともに、実務家から医療機関や介護施設での経営管理に必要な事柄を学びます。講義は、①医療機関や介護施設を運営するにあたり重要な制度の知識の獲得、②多彩な医療関係の外部講師による講義、③特定の病棟の中期経営計画の作成という3つのポイントを中心に進められ、5名程度のグループで病院の中期計画について報告することを最終目標とします。講義を通して①わが国の医療制度・政策の特徴を説明することができる。②医療管理・介護実践のマネジメントで必要な事柄を説明することができる。③病棟・施設設置計画を作成することができる。の3つの目標を達成することで、医療・介護に必要な資源を理解し、医療機関や介護施設で経営面からイノベーションを起こすことができる人材を目指します。■ 主な科目紹介太田 塁黒木 淳起業プランニング論起業の意義として、①経済の新陳代謝の活発化、②イノベーティブな技術やビジネスモデルの市場投入、③経済成長の担い手となる成長力の高い企業の誕生、などが挙げられます。この講義では、起業に興味のある学生の背中を後押しするため、ビジネスプラン作成のスキルを身に付けます。講義概要公共選択論この講義では、公共的な意思決定に関し考察が行えるようになることを目指し、ミクロ経済学の復習を行うとともに、市場の失敗について改めて取り上げ,政府の役割に関し考察します。また、公共選択論および政治経済学の文脈から政府と市場の在り方に関して学び、考察していきます。講義概要消費者行動論マーケティング戦略を行う上で、「消費者」を理解することは不可欠です。この講義では、消費者の行動を、「マーケティングと消費者行動の関係」「消費者行動論とマーケティング・リサーチの関係」「量的調査と質的調査」「インタビューにおける諸注意」「質的データの分析手法」によって学びます。さらに、学んだリサーチ方法を実践することで、インプットした知識の理解をより深めていきます。講義概要税務会計論税務会計論とは、会計学の研究成果を用いて租税を研究する学問です。この講義では、主に法人税の課税所得算定の全体的な枠組みに加え、法人住民税や法人事業税について学修します。また、「租税法」における全般的な論点及び所得税、相続税、消費税などの法人税以外の個別税目についても学修します。講義概要経営戦略論この講義では経営戦略研究の変遷、経営戦略の形成過程を学修することで、その意義・概略、そして基礎理論を理解します。視聴覚教材等を用いて事例を紹介することで、ロードマップの重要性を含め、経営戦略への理解を深めます。また、企業を自分自身に置き換えることで、自分の将来設計や目標を作ることができるようになります。講義概要コストマネジメント論原価計算とは、原材料や労働力などの経営資源のインプットが、製品としてアウトプットされる過程を貨幣的に記録するための技術であり、製造業の健全な経営に不可欠なシステムです。この講義では、工業簿記・原価計算論に関する各テーマを日商簿記検定1級レベルで求められる理論や計算手法を中心に学修します。講義概要学びのフィールド共通教養グローバル教育ヨコハマで学ぶ領域横断教育国際教養学部国際商学部理学部データサイエンス学部医学部大学院⁄研究施設学生支援キャンパスライフキャンパス紹介入試データ等47

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る