横浜市立大学 大学案内2019
45/132

■ 学生の声高校を卒業した時点では、自分のやりたいことがあまり明確に決まっていませんでしたが、YCUでは領域横断的に興味のある分野について学びを深めることができるため、幅広い分野を知った上で進路を選択することができました。また、これまでに国際ボランティアや海外留学のプログラムに積極的に挑戦し、多くのことを学びました。これらの新しい挑戦に踏み出す際には不安もありましたが、実際に体験してみないと得られない発見がたくさんあり、一歩踏み出して外の世界を覗く大切さを知りました。今後も積極的に未経験の領域に挑戦して、想像以上の自分に成長していきたいです。神奈川県 横浜市立桜丘高等学校卒2年次後期の時間割の例国際総合科学部 国際教養学系 社会関係論コース 3年山村 菜々Nana Yamamura未知の領域に挑戦して、想像以上の自分に成長。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月ーグローバル市民社会論Bーーーー歴史から今を知るー演習Ⅱ火比較文化論社会理論日本社会史/ヨーロッパ社会史水現代社会論ー木外書講読現代思想金ー日本社会史/ヨーロッパ社会史ーーーー現代倫理学フランス語中級ー私が所属する人間科学コースでは、心理・哲学・社会的要素を用い、多角的に「人」に焦点を当て、その真理を学ぶことができます。講義は座学による知識の蓄積だけでなく、学生や先生とグループワークを通して知識を深め学んでいます。私は1年次から教職課程の講義を受けており、将来は教員採用試験を受ける予定です。教師になった際には本コースでの学びを生かし、その先には海外での活動も考えています。途上国で十分な教育を受けられない子どもたちに対して、その子たちに寄り添って教育の機会を与えられるような人材になりたいです。YCUでは生きた英語を学べる機会が多くあるため、将来の目標のために専門以外の勉学にも日々励んでいます。広島県 私立AICJ高等学校卒2年次後期の時間割の例国際総合科学部 国際教養学系 人間科学コース 3年門田 知哉Tomoya Monden将来の目標のために専門以外の勉学にも励む。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月ー都市文化論ーーー社会言語論言語論英語科教育法 ※ー火演習ⅡElements of FictionExplication of American Literary Text B水メディア英語ー木ーー金道徳教育論 ※特別活動論 ※ーGlobal Issues※ 教職課程の専門科目翻訳文化論生理人類学現代日本社会論身体科学ーYCUには素晴らしい研究室が多くあり、私は地球環境政策を専攻しています。所属している研究室のグループ研究では、海洋汚染問題について調査や問題解決に向けた提案も行っており、世界規模で問題となっている海洋汚染問題など最先端の内容を研究しています。研究成果は横浜市が主催する“海博”や東京ビッグサイトで開催される“エコプロダクツ展”で発表でき、また北欧へ行き、現地NPO/NGOや大学、地方自治体などの環境ステークホルダーと意見交換や研究発表を行うこともできるため、自らの研究の意義などを考える機会になっています。社会を深く理解することで自分がすべきことが見えてくるようになると思います。国立筑波大学附属坂戸高等学校卒2年次後期の時間割の例国際総合科学部 国際都市学系 地域政策コース 3年山下 航平Kohei Yamashita社会を深く理解することで自分がすべきことが見えてくる。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月ーーー都市財政論環境ビジネス・資源循環論グローバル地理ーーー火高齢社会論b比較地方自治大都市経営論水メディア英語演習Ⅱ木特講(グリーン購入)ー金アジア近現代史ーーGlobal Issuesーーーラテン・アメリカ社会論ー※学生の所属は、現行の学部・学系・コース名となっています。学びのフィールド共通教養グローバル教育ヨコハマで学ぶ領域横断教育国際教養学部国際商学部理学部データサイエンス学部医学部大学院⁄研究施設学生支援キャンパスライフキャンパス紹介入試データ等43

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る