横浜市立大学 大学案内2019
39/132

Mugito Kato国際総合科学部 理学系 生命環境コース 4年神奈川県立横須賀大津高等学校卒加藤 麦都理数マスター育成プログラム2015年5月~2018年3月(34カ月)期間学生の声もともと食品に関わる研究に興味があり、このプログラムに参加し、「ミツバの組織培養~栽培技術への応用をめざして~」というテーマの研究を行っています。1年次から研究室に入って基礎的な内容を学び、先生との相談を通して現在のテーマに至りました。ミツバの病害を植物生理学の技術を生かして解決することを目標としており、このカギとなる「ミツバの培養条件」や「大量培養の方法」を明らかにしつつあります。結果が出るまで辛抱強く観察を続ける必要があり、「自分で考えること」「継続すること」の重要性、そして純粋に「学問の面白さ」を学ぶことができました。Michinari Okiyoshi国際総合科学部 経営科学系 会計学コース 4年鹿児島県立沖永良部高等学校卒沖吉 慶也医療イノベーション経営管理人材育成プログラム2016年4月~2018年3月(24カ月)期間学生の声本プログラムでは、非営利組織の中でも医療機関・介護事業の経営管理に特化した講義を履修し、日本の医療制度や業界の現状を学んだ上で、課題を発見し解決策を考えるということに取り組みました。私は医療法人へのインターンシップにも参加し、より実践的な経営管理を学ぶことができました。また、経営に関する知識だけでなく、興味のあることには自分からチャレンジするということの大切さもインターンシップから学ぶことができました。医療業界では経営管理を行える人材が求められており、これからは学んだ経験を生かすとともに、能動的にアクションを起こしていくことで、医療業界を支える人材になりたいです。Miho Itakura国際総合科学部 経営科学系 経営学コース 4年愛知県立西尾高等学校卒板倉 美穂サービス・ビジネス人材育成プログラム2016年4月~2017年3月(11カ月)期間学生の声日本のビジネスにおけるサービス分野の重要性、特に流通分野について学びました。サービス業の基礎だけでなく、マーケティングや消費者行動、流通ロジスティックスなど、モノやサービスが消費者に提供されるまでの一連の流れについて知識を深めました。また、それに伴う企業や経営戦略のあり方も学びました。プログラムを通して、今まで消費者である自分が当たり前に受けてきたサービスの一つひとつが、想像以上に多くの人や考えのもとに成り立っていることを知りました。今後は自らがサービスを届ける側となり、今回学んだことを生かして、消費者に向けて新たな価値を提供していきたいと思います。Yosuke Banno国際総合科学部 経営科学系 会計学コース 4年山梨県立甲府西高等学校卒伴野 洋介起業家育成プログラム2017年4月~2018年2月(11カ月)期間学生の声前期はベンチャー企業の経営者の方に講演していただき、ビジネス起ち上げの原点にある想いや苦労したこと、今後のビジョンなどを伺うことができました。また、グループワークでは自分たちの原体験からニーズを発掘し、ターゲット設定などを行いました。後期からはビジネスプランの作成に取り組み、集大成として臨んだ大学のコンテストでは最優秀賞をいただきました。かながわ学生ビジネスプランコンテストでは審査員賞をいただくこともでき、他大学生との交流は大変貴重な経験となりました。プログラムを通して、日常のあらゆる事象に問題意識を持ち、ビジネスにつなげていこうとする姿勢を学びました。Kana Fujiwara国際総合科学部 国際都市学系 グローバル協力コース 3年東京都 私立日本大学第三高等学校卒藤原 奏YCUグローバル・スタディーズ・プログラム2016年4月~2018年4月(24カ月)期間学生の声講義を通してのディスカッションや発表、レポートは英語で行われ、最初は自分の英語の実用能力の低さを実感しました。特に印象に残っている講義は「現代アジア・太平洋地域事情」です。日本近隣の国が抱える自然環境やインフラの課題に将来を見据えて向き合うという内容で、日本語で理解していたことも、他言語を通して学ぶことで多くの発見がありました。レポートを書く際に英語の文献を多く参照し、英語力の向上につながったと感じます。将来は日本と海外の架け橋になる仕事に就きたいと考えているので、プログラムの中で気づいた自分の弱点を克服して、英語の実用的な能力を身に付けたいです。※学生の所属は、現行の学部・学系・コース名となっています。学びのフィールド共通教養グローバル教育ヨコハマで学ぶ領域横断教育国際教養学部国際商学部理学部データサイエンス学部医学部大学院⁄研究施設学生支援キャンパスライフキャンパス紹介入試データ等37

元のページ  ../index.html#39

このブックを見る