横浜市立大学 大学案内2019
35/132

充実した体験が、これからの学修のモチベーションにつながる。国際総合科学部 理学系 生命環境コース 4年茨城県立土浦第一高等学校卒岩田 望 Nozomi Iwata海外への渡航経験がなく、大学生のうちに英語力を伸ばして異文化を体験しようと参加しました。実際に現地で海外の友人と共同生活をしてみると、日本人とは異なった文化や意識の違いを感じることができ、英会話はカタコトでもなんとかコミュニケーションを取ることができました。しかし、英語力の不足による意思疎通の滞りを実感することもあり、それが帰国後の英語学修の強いモチベーションになりました。ボランティア活動を通して、オーストラリアの野生動物や大自然を生で体験することができ、普通の海外旅行では体験できない充実したものとなりました。グローバル社会の実践的な場で活躍できるように努力を続けたいと思います。実務に近い業務に携わり、キャリアの視野を広げる機会に。国際総合科学部 経営科学系 会計学コース 4年福井県立高志高等学校卒加藤 優衣 Yui Kato将来どのような仕事をしたいのか、働くとはどういったことなのかについて理解を深めるために応募しました。現地企業での財務レポートの作成や営業部門とのミーティングなど、実務に近い業務に携われたことがとてもよかったと思います。営業部門や人事部門の方の業務を間近で見ることで、それぞれのやりがいや大変さを知り、自分の将来のキャリアに対する視野がとても広がりました。自分とは異なる文化・背景を持つ人と働くという経験を通して、何事も物怖じせずにとにかく挑戦してみる姿勢が身に付きました。もし参加していなければ、今頃もっと狭い視野でキャリアについて考えていただろうと思います。国際ボランティア参加者インタビュー海外インターンシップ参加者インタビュー渡航先:オーストラリア(メルボルン 2017年2月~3月)渡航先:シンガポール(コニカミノルタ シンガポール販社2017年8月)※学生の所属は、現行の学部・学系・コース名となっています。学びのフィールド共通教養グローバル教育ヨコハマで学ぶ領域横断教育国際教養学部国際商学部理学部データサイエンス学部医学部大学院⁄研究施設学生支援キャンパスライフキャンパス紹介入試データ等33

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る