横浜市立大学 大学案内2019
34/132

ディズニー・バレンシア国際カレッジプログラム参加者インタビュー一人ひとりが自分らしく輝く「多様性」の理解とマネジメント。もともと英語が得意ではありませんでしたが、「さまざまな国の人とコミュニケーションをとり、未知の世界を知る」ことにとても興味があり、語学留学ではなく就業体験がメインのこのプログラムに参加しました。ディズニーワールドでの就業体験では、世界中から来たキャスト一人ひとりが自分らしさを生かして働いており、考え方が「違って当たり前」を受け入れ、認めることの大切さを改めて感じました。中でもプログラムで出会ったマネージャーや大学の先生は、それぞれの多様性を理解し、マネジメントすることがとても上手で、理想像に出会えたことで新たな目標もできました。将来は、日本と海外をつなぐ架け橋となれるような仕事をしたいと思っています。国際総合科学部 国際教養学系 国際文化コース 4年神奈川県立金井高等学校卒高見 明希 Aki Takami留学先:アメリカ(バレンシア大学 2017年2月~8月)ディズニー・バレンシア国際カレッジプログラム海外インターンシップ/国際ボランティア02 グローバル教育アメリカ・フロリダ州のバレンシアカレッジでディズニー社の講師からビジネスやサービスに関する科目を学びながら、ディズニーワールドで就業体験を積む「ディズニー・バレンシア国際カレッジプログラム」。世界中から集まる仲間との学修や生活、就業体験を通じて、グローバルに活躍するために必要なスキルと経験、マインドを獲得することができます。また、世界のビジネスシーンに身を置いてその現場を体感し、実践的な就業体験が積める「海外インターンシップ」や、海外でさまざまな人たちと関わり、環境保護や開発途上国の子どもの支援活動といった、ボランティア活動に参加できる「国際ボランティア」などのプログラムも充実。身に付けた語学力を駆使しながら、世界各国のさまざまな現場を肌で感じることで真のグローバル人材になるための力を養うことができます。※学生の所属は、現行の学部・学系・コース名となっています。32

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る