横浜市立大学 大学案内2019
21/132

専門との連携技法の修得問題提起共通教養YCUの教養教育多面的な視点から世の中の問題点を見つけ(問題提起)、その問題を解決するための手法を身に付ける(技法の修得)学びを展開。大学で学ぶための基礎となる技法とともに、人間的な成長にも結びつくYCUの教養教育の「核」となる部分です。教養の「核」2年次から始まる専門分野に対応するための基礎知識を身に付け(専門との連携)、専門性への架け橋となる部分です。2年次以降に所属するゼミ・研究室を選択するため、自分の進路を見極める大切な役割も担います。専門性への「ブリッジ」それぞれの学部によって、専門性を追究。自らの目標の実現に向かって学びを完成させます。なお、専門の学修を進めるための教養の基礎を身に付け、スムーズに専門に移行するために、1年次の共通教養での学びは大きなポイントとなります。学びを完成させる「専門性」01 YCUの共通教養自ら問題を発見し、解決する力を修得する共通教養は、YCUの教育の土台であり、「自ら主体的に課題を発見して解決する力」を育てていくことを目標としています。問題の解決には、情報の質を見極め、主体的に選別する能力や技術が必要になり、ときには高い専門性が求められる場面もあります。問題を発見してから試行錯誤を重ねて解決に至るプロセスに必要な基礎力を獲得するため、YCUの共通教養科目は、「問題提起科目」「技法の修得科目」「専門との連携科目」という大きく3つの科目群で構成されています。全学部の学生は、入学後1年次よりこれらの科目群を通して学ぶ姿勢を身に付け、さらには問題の発見・課題解決の力を修得していきます。学びのフィールド共通教養グローバル教育ヨコハマで学ぶ領域横断教育国際教養学部国際商学部理学部データサイエンス学部医学部大学院⁄研究施設学生支援キャンパスライフキャンパス紹介入試データ等19

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る