横浜市立大学 大学案内2019
15/132

学生時代、学内外問わずとにかく多くの人と関わりを持つことに励んでいたという下村さん。他大学の学生や社会人を巻き込んで学生団体を起ち上げたり、サークルを作ったりするなど、自分で一から作りあげていくのが好きだったという。さまざまな活動に熱中する日々の中で築いてきた人との縁は、当時からは想像もできないようにつながり、今の下村さんを紡ぎだしているという。所属していた研究室では、研究の背景となるところが肝心だと教わり、何のためにその作業を行うのか、本質に立ち返ることで目的達成のための最適な手段をロジカルに組み立てられるようになったと語る。現在はサッポロビール株式会社にてデジタルを主としたマーケティング業務に携わる。「WebやSNS等のデジタルツールを活用して、より深くお客様とコミュニケーションを図っていくことで新しい価値を生み出すべく日々奮闘しています。世界中のお客様と直接的につながることのできる影響力の大きさにやりがいを感じています。」File no.4国際総合科学部 理学系 環境生命コース 2010年卒業本質を掴み原点回帰することで目的達成への最適な手段を創造する。マーケティング開発部サッポロビール株式会社下村 高司Takashi Shimomura心臓血管外科・消化器・呼吸器などの手術や、化学療法・放射線療法を行う患者さんが入院する病棟で働く諸橋さん。「安心して前向きに手術が受けられるように想いを傾聴し、手術への不安を取り除くことができるよう日々心がけています。術後は合併症を起こさないように全身状態の観察に努め早期退院を目指し、退院後の生活を患者さんとともに考えながら、ご家族の方にも納得し安心して過ごすことができるよう、個別性に合った看護の実践に努めています。」大学4年次の時、当院での急性期実習で、術前-術後-退院までの患者さんを受け持った際、めまぐるしく状態が変化する患者さんを献身的に絶えず笑顔で支え、早期回復、早期退院を後押した先輩の看護師さんに憧れて、今の自分があるという。病棟を照らす明るい笑顔は、諸橋さんのトレードマーク。「辛い時期を乗り越え退院していく患者さんから『ありがとう』の言葉をいただいた時にやりがいを感じます。」File no.6医学部 看護学科 2014年卒業絶えず明るく笑顔で接することが何より患者さんの心の支えになる。看護師横浜市立大学附属病院 7-1病棟(一般外科/心臓血管外科・小児循環器/臨床腫瘍科・乳腺外科)諸橋 弥和Miwa Morohashi※学生の所属は、現行の学部・学系・コース名となっています。GLOBAL.GOStart in YOKOHAMA.ヨコハマから世界へ13

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る