東京経済大学 大学案内2019
97/128

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………2020コミュニケーション学部開設とともに6号館が竣工(1995年)100周年記念館(1999年竣工)大倉高商の講堂をイメージして設計された創立100周年記念式典ホテルオークラ東京にて(2000年)2014年度グッドデザイン賞を受賞した、新5号館(正面・2012年竣工)と新図書館(右・2014年竣工)「大倉喜八郎 進一層館(フォワードホール)」には、展示コーナーが設置されています。1995年(平成7年)日本初のコミュニケーション学部開設マルチメディア完備の6号館竣工・学内LANが 完成。TAC〈多摩アカデミックコンソーシアム〉結成(国立音楽大学、国際基督教大学、津田塾大学、東京経済大学。2000年秋から武蔵野美術大学、2013年秋から東京外国語大学が加盟)2000年(平成12年)創立100周年記念式典・記念祝賀会、記念特別展示、記念学術行事を開催現代法学部開設2012年(平成24年)新5号館竣工屋上緑化やソーラーパネルで環境に配慮2002年(平成14年)経済学部 国際経済学科を開設4学部6学科体制に2017年(平成29年)キャリアデザインプログラム導入大倉喜八郎 進一層館(フォワードホール)が東京都より歴史的建造物に選定される2014年(平成26年)新図書館オープン旧図書館は大倉喜八郎 進一層館(フォワードホール)としてリニューアル。 新5号館と新図書館を中心とするキャンパス計画が、グッドデザイン賞を受賞1998年(平成10年)経営学部に流通マーケティング学科を開設2007年(平成19年)TKUチャレンジシステムスタート大学院4研究科で、日本初のシニア大学院生受け入れ1999年(平成11年)100周年記念館竣工大学院コミュニケーション学研究科修士課程開設2001年には同博士後期課程を開設2010年(平成22年)創立110周年記念式典・記念祝賀会、記念シンポジウムを開催2020年創立120周年2015年(平成27年)武蔵村山キャンパスリニューアル「野球場」「メイングラウンド」など屋外施設を中心に人工芝の施設に再整備大倉喜八郎 進一層館(フォワードホール) がグッドデザイン賞を受賞2004年(平成16年)大学院 現代法学研究科修士課程開設4研究科体制に 東経大の前身、大倉商業学校の創設者である大倉喜八郎は、明治から大正期にかけて日本の近代産業を発展させた実業家です。商業・貿易、建設、交通、観光・娯楽の各分野をはじめ、食品、紙、化学、石炭、鉄鋼ほかの製造に関わるさまざまな企業の設立に関わり、一代で大倉財閥を築きました。他方では人材育成にも力を注ぎ、大倉商業学校などを創設します。現在も事業を継続している会社には、大成建設、サッポロビール、帝国ホテル、帝国劇場、日清オイリオ、あいおいニッセイ同和損保、特種東海製紙、リーガルコーポレーション、ニッピ、日本化学工業、東京製綱、日本無線、本渓鋼鉄公司(中国)などがあります。また、日本初の民間による美術館である大倉集古館(ホテル・オークラ東京に隣接)や神戸市の大倉山公園も、彼が現代に残したものです。経済人・大倉喜八郎の偉業200095

元のページ  ../index.html#97

このブックを見る