東京経済大学 大学案内2019
81/128

経済的負担を減らし、学びへの意欲を高め満足度の高い学生生活を過ごす 東経大は入試成績上位者の特待生制度や資格取得の奨励などを通して、学生を経済的に支援する制度が充実しています。それらは授業料の免除・補助という経済的負担の軽減だけでなく、学びへのモチベーションを自ら高める効果もあります。私は特待生制度を活用できたことで、授業以外の時間をアルバイトだけに費やすことなく、ゼミやサークルの活動、ボランティアに力を注ぎ、留学も経験しました。今しかできないことに全力で取り組み、満足度の高い学生時代を過ごすことができました。久保谷 友貴経済学部 経済学科(4年) 神奈川県立相模大野高等学校 出身特待生制度一般入試・ センター利用入試300名1年次授業料免除(最長4年間)CSC講座無料受講+=スカラシップ入試 ほか若干名※第1年次の授業料が免除されます。第 2 年次以降は、前年 次終了時の学業成績が所定の基準を満たせば、最長 4年間 継続可能です。(経済学部・経営学部2018年度入学生の授業料の場合)*同時に2講座まで。一部対象外の講座あり。 *教材費は有料。4年間特待生の場合、授業料約307万円免除 + CSC講座4年間無料受講*特待生制度採用枠 ▶詳しくはP99 ※入試ガイドページ内CSC講座について ▶詳しくはP.70災害罹災または家計支持者の死亡、 病気、倒産・失職(会社都合に限る) 等により家計が急変し、授業料の支弁が困難になった学生を対象(入学後、事由発生から6カ月以内)。学生緊急経済支援制度減免授業料の全額授業料の半額授業料の1/4額 等※2018年度以降。日本学生支援機構の給付型奨学金につきましては、日本学生支援機構のウェブサイト(http://www.jasso.go.jp)をご確認ください。 貸与月額は2018年度予算および改正法令の成立が前提となります(2018年2月現在)。応募条件は日本学生支援機構の申込基準に準じます[http://www.jasso.go.jp]一般の奨学金制度災害罹災等の家計急変時の制度独立行政法人日本学生支援機構奨学金*卒業後約15年をかけて全額返還の 義務あり。第一種※(貸与・無利子)自 宅[月額 ]自宅外[月額 ] [月額 ]20,000円/30,000円/40,000円/54,000円から選択20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/64,000円から選択 第二種※(貸与・有利子)20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円/70,000円/80,000円/90,000円/100,000円/110,000円/120,000円から選択地方自治体・民間団体の奨学金(給付または貸与)地方自治体が独自に設けている奨学金制度があります。詳細については保護者の在住する自治体へお問い合わせください。SUPPORT QUALITY く ぼ や  ゆ き79

元のページ  ../index.html#81

このブックを見る