東京経済大学 大学案内2019
41/128

表現系ワークショップ映像作品やウェブサイトの制作、身体表現などを実践し、人の心を動かす表現力を鍛えます。身体表現メディアデザインコミュニケーションワークショップ少人数でのゼミで、コミュニケーション学への理解をさらに深めます。また、プレゼンテーション能力やディスカッションの能力に磨きをかけます。4年次には4年間の集大成として卒業研究を完成させます。ベーシックプログラム※全学およびコミュニケーション学部のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーについては、本学ウェブサイト等でご確認ください。1年次基礎を固めるコミュニケーション学に関わる入門科目で基礎力を養成2年次3コースに分かれ専門分野へ各コース基礎科目を経て専門的な学習とゼミに取り組みます3年次専門性を深める卒業研究に向けてゼミを中心に専門性を深めます4年次卒業研究で集大成これまでの学びを通じて設定したテーマで卒業制作物や卒業論文を作成します■英語アドバンストプログラム 【選考時期】1・2・3年次の1月■総合教育科目 教養講義、スポーツ、語学、ベーシック、資格・検定ワークショップ科目アドバンストプログラム(選抜制)  ー専門性の高い学習を提供します ※他学部のプログラムも履修可■PRプロフェッショナルプログラム 【選考時期】1年次12月■グローバルキャリアプログラム 【選考時期】1次:入学前 2次:1年次6~7月(中国コース)、1年次11月(オーストラリアコース)詳しくはP19詳しくはP54詳しくはP17展開科目基幹科目企業コース企業のコミュニケーション活動を、企業経営・メディア環境・人々の意識から理解し「戦略的に考える力」を養い、広報・広告担当者に必要な知識を学びます。メディアコーステレビや新聞・雑誌などのマスメディアと、インターネットや携帯電話のような新しいソーシャルメディアによるコミュニケーションを統合的に学びます。グローバルコース文化の固有性と多様性に対する理解を深めるとともに、コミュニケーション・ツールとしての英語を身につけ、社会で活躍するために必要なスキルを学びます。コース共通科目コミュニケーション心理学現代メディア史など英語系ワークショップ演習科目フレッシャーズ・セミナー演習(ゼミ)卒業研究講義科目コミュニケーション学入門メディアリテラシー入門社会調査入門現代社会学/社会心理学などグローバル化が進む現代社会で重要なコミュニケーション手段である「英語」に焦点を当て、 その表現力に磨きをかけます。英語系ワークショップは1年次から履修できます。英語調査系ワークショップインタビューやアンケートなど、現場から情報を収集し、分析するためのテクニックを学びます。社会調査社会分析業界や職業に関する知識を深め、将来のキャリアについて体系的に学びます。キャリア科目【進一層科目】4年間の流れ経済学部経営学部コミュニケーション学部現代法学部キャリアデザインプログラムEDUCATION QUALITY総合教育科目/教職課程39

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る