東京経済大学 大学案内2019
100/128

経済学部のアドミッション・ポリシー(AP)----------------------------------------------------ディプロマ・ポリシー(全学DP)で掲げているように、本学の建学の理念である、「進一層」の気概(チャレンジ精神)を持ち、「責任と信用」を重んじ、「実践的な知力」を身に付けて活躍する人材の養成が本学の教育研究上の目的です。この目的を実現するために、カリキュラム・ポリシー(全学CP)で示すような教育を行い、現代社会における諸問題あるいはさまざまな学術研究分野における諸問題を発見・分析・解決することに貢献できる知識・能力を持った実践的な知力のある人材となり得る学生を求めます。さらに、ディプロマ・ポリシー(全学DP)で掲げることを実現し、カリキュラム・ポリシー(全学CP)で示す教育課程において必要となる、次のような意欲、基礎学力等を高等学校等での多様な学習、探究および活動を通じて身に付けていることを、本学は入学時点において求めます。 (全学AP1)本学の教育理念を理解し、幅広い教養と専門知識・能力を      身に付け、現代社会で活躍することをめざす意欲(全学AP2)現代社会における諸問題あるいはさまざまな学術研究分野      における諸問題の発見・分析・解決するために必要となる      基礎知識と基礎学力(全学AP3)実践的な問題解決を行うための論理的思考力(表現力を含      む)と判断力(行動力を含む)(全学AP4)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度経済学部は、「進一層」の気概(チャレンジ精神)および「責任と信用」という建学の理念に基づき、経済学の多様性を重視しながら、国内外の社会経済問題を多角的に理解しその解決に寄与する「良き経済人」を育成することをめざしています。それに基づき、ディプロマ・ポリシー(DP)で掲げることを実現し、カリキュラム・ポリシー(CP)で示す教育課程において必要となる、次のような意欲、基礎学力等を高等学校等で身に付けていることを求めます。(AP1)幅広い教養を積極的に身に付け、豊かな知性と人間性、倫理 観をそなえた社会人として活躍しようとする意欲(AP2)経済学の専門的な分野を学ぶうえで必要な基礎学力(AP3)経済学的なものの見方や思考力を身に付け、グローバルな 社会経済問題を理論的・歴史的・実証的に分析することに対 する興味(AP4)他者と協働し、積極的に社会の問題解決のための実践的な スキルや行動力を身に付けようとする態度(AP5)将来にわたって自己を研鑽し、経済学の専門的知見を生かし て社会の課題に挑戦し続ける意欲経営学部のアドミッション・ポリシー(AP)----------------------------------------------------経営学部は、ディプロマ・ポリシー(DP)で掲げることを実現し、カリキュラム・ポリシー(CP)で示す教育課程において必要となる、次のような意欲、基礎学力等を持った人物を求めます。全学アドミッション・ポリシー(全学AP1~4)に加え、以下のことを入学時において求めます。(AP1)学部の教育研究理念を理解し、グローバルな視点から企業 や社会の問題解決に取り組む意欲のある、「進一層」の気概を 持つ人(AP2)倫理観と責任感を持ち、多様な価値観と文化を受け入れら れる人(AP3)経営、経営情報、会計および流通・マーケティングの分野で、 高度な専門知識を修得するための十分な基礎学力を持つ人(AP4)戦略を構想し実践的な問題解決を行うための論理的思考力 と創造性を持つ人コミュニケーション学部のアドミッション・ポリシー(AP)----------------------------------------------------コミュニケーション学部は、ディプロマ・ポリシー(DP)で掲げることを実現し、カリキュラム・ポリシー(CP)で示す教育課程において必要となる、次のような意欲、基礎学力等を持った人物を求めます。全学アドミッション・ポリシー(全学AP1~4)に加え、以下のことを入学時において求めます。(AP1)メディア、コミュニケーション、人間関係に関心を持つ人(AP2)表現活動に関心を持つ人(AP3)社会問題に関心を持つ人(AP4)異文化に関心を持つ人(AP5)基礎学力を持つ人現代法学部のアドミッション・ポリシー(AP)----------------------------------------------------現代法学部は、ディプロマ・ポリシー(DP)で掲げることを実現し、カリキュラム・ポリシー(CP)で示す教育課程において必要となる、次のような意欲、基礎学力等をもった人物を求めます。全学アドミッション・ポリシー(全学AP1~4)に加え、以下のことを入学時において求めます。(AP1)基礎学力を備え、学部の教育研究理念を理解して積極的に学 ぶ意思をもつ人(AP2)国際的な視野と幅広い教養を身に付けて、社会で活躍するこ とをめざす人(AP3)法の精神を理解して、社会で法の専門知識を活かせる職業を めざす人(AP4)法的思考力と政策を考える力を養って、多様な社会問題の解 決に挑戦する人キャリアデザインプログラムのアドミッション・ポリシー(AP)----------------------------------------------------キャリアデザインプログラムは、カリキュラム・ポリシー(CP)で示す教育課程において必要となる、次のような意欲、基礎学力等を持った人物を求めます。 全学アドミッション・ポリシー(全学AP1~4)に加え、以下のことを入学時において求めます。 (AP1)自らのキャリア形成に高い関心と意欲を持つとともに、経済 学・経営学・コミュニケーション学・法学という社会科学一般 に広く関心を持つ人(AP2)就業力の基礎となる、論理的思考能力、自らの考えを表現し 伝える力、必要な情報を探し出し整理し理解する力、問題発 見・理解・解決能力といった力を、大学における学問的な学び を通して、自ら積極的に身に付けることをめざす人※ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーおよび各入学試験の詳細な アドミッション・ポリシーについては、本学ウェブサイト等でご確認ください。アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)全学のアドミッション・ポリシー(AP)98

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る