東京理科大学 大学案内2018
97/172

武藤 滋夫経営学部学部長グローバル・スタンダードである「科学的経営」を学び、実践する。 経営は科学です。IT革命が始まって約30年、私たちは既にすべてのモノとコト(=行動)がネットにつながる時代を生きています。IT化は、ビッグデータと呼ばれる大量の情報を生み出す一方、ビジネスはかつてないほどにソーシャル化しました。これまでの構造と競争ルールは完全に書き換えられ、マーケティングを例にしても、かつては成功した広告戦略や経験則が通用しなくなっています。そうした社会を生き抜く企業と個人に必要なのは、数理的・計量的に市場を分析する力と、事業を構想し、実現するコミュニケーション力、リーダーシップであり、それこそが1993年の設立以来提唱してきた“科学的経営”なのです。大学全体の膨大な理工系の研究成果をベースにできるところが本学の経営学部の大きな特長であり強みであるといえます。データサイエンスやデシジョンサイエンスに関する先進的研究に触れることで、今や世界的な常識・標準となっている“科学的経営”を根本から学ぶことができるのです。数字をもとに、ものごとを論理的に考えることが得意な学生、最先端の研究をベースにいろいろなことへ挑戦したい学生、リーダーシップを発揮したい学生……。彼らの研究を経営学部は全力でバックアップします。卒業生には、何かひとつ「ここは負けない」という武器を身に付けて社会に挑んでもらいたいと考えています。経営を科学する経営学部分析力ビジネスエコノミクス学科統計・データサイエンス経済・ゲーム理論金融工学心理・行動経済学構想力経営学科経営戦略マーケティング会計ファイナンス情報マネジメント実践力Problem Based Learning起業体験演習 データ解析演習Global Study(グローバル留学プログラム)(独)オストバイエルン・レーゲンスブルク工科大学 (独)ハノーファー大学 などビジネスエコノミクス学科経営学科経営学部96

元のページ  ../index.html#97

このブックを見る