東京理科大学 大学案内2018
96/172

文系・理系の枠組みを超えた新しい視点から実用的な経営の理論と技法を教育・研究 経営学部は、理工系総合大学である東京理科大学が持つ知識の体系を生かし、理学と工学の知識に基づいた数量的・実証的 アプローチを積極的に活用して、文系・理系の枠組みを超えた 新しい視点からの経営の理論と技法を研究し、教育しています。実用的な理論と技法を重視した教育を展開する経営学部の教育目標は、単なる知識の集積ではなく、自ら経営の諸問題を発見し、解析し、その解決方法を選択できる主体性・自律性を持った人材の育成です。それは、科学的認識と思考に基づく研究成果を指導教員との間で徹底的に討議する場を設けることにより、実現していきます。この教育メカニズムの中核にあるのが、「卒業研究」です。卒業研究は、問題点の発見、データ収集、解決策の提示、さらに、公開審査会でのプレゼンテーションを経て、審査・評価されていきます。この一連のプロセスを通じて研究能力を習得します。経営学部経営学科/ビジネスエコノミクス学科School of Management95

元のページ  ../index.html#96

このブックを見る