東京理科大学 大学案内2018
59/172

生命創薬科学科薬学科生命創薬科学科生命創薬科学科では、生物、化学、物理の基礎学問の徹底した教育に加え、IT・統計推計学等の情報学を充足した生命創薬科学の基盤形成を行います。その後、ゲノム科学、合成化学、薬理学、薬剤学など薬の開発に直結する学問を学びます。これらの教育・研究活動を通して、生命科学を基盤とした高度の専門知識と技術を備え、確固たる生命倫理に立脚し、人間の健康維持と疾病の克服に貢献する薬学研究者(創薬人)の育成を教育目標とします。その研究は多岐にわたり、学際的な学問の場を提供しています。▲ pick up | 和田(猛)研究室 | 研究室で開発した核酸医薬を安定化させる分子のモデル。有機化学的手法で核酸医薬を創製するのが和田(猛)研究室のテーマ。curriculum必修科目 選択必修科目 選択科目voicedata食料品 1.2%(1人)、化学工業1.2%(1人)、運輸・郵便業 1.2%(1人)、非営利団体 1.2%(1人)その他内訳作用が少なく、化学合成で大量生産が可能で、エイズなどの難病の治療も可能になると期待されています。卒業後の進路キャリア形成プログラム: p.115へ和田(猛)研究室 4年 岡田 佳那大阪府・私立大阪桐蔭高等学校出身効果が高く、副作用の少ない次世代の「核酸医薬」を研究もともと有機化学が好きだったことから、次世代の医薬と言われている「核酸医薬」を研究しています。核酸医薬とは、細胞のDNAやRNAに直接働きかけ、疾患に関係するタンパク質の合成を阻害することで病気を治す薬です。特定の病気にピンポイントで効き副Q2あなたの学びを象徴するアイテムは?化合物(ウリジン)新しい発見の連続常に「なぜ?」と疑問を持つことが研究だと考えています。多くの人が見過ごす些細な現象にも疑問を持って実験することを心がけることが、充実した研究生活に結びつくと考えています。Q1あなたにとって研究とは?実験の授業では化合物(例えばウリジン)の合成なども行います。実験に失敗しても、試行錯誤を重ね原因を突き止めることができると、非常にやりがいを感じます。将来は医療研究者として働くことが夢です。1年次2年次3年次4年次キャリア学習1/薬学入門/情報リテラシー基礎化学/機能形態学1/生命科学有機化学1及び演習/機能形態学2/生化学分析化学1/薬品物理化学1有機化学2及び演習/基礎薬学実習情報基礎/数学1/物理学1/数学2物理学2/薬用植物学統計学・推計学/疾病と病態総論微生物学1/分子生物学/分析化学2薬品物理化学2/薬理学総論有機化学3及び演習/有機化学実習スペクトル解析/生物化学実習生物有機化学/免疫学/薬品物理化学3薬理学1/分析化学実習生薬学/医薬資源学実習疾病と病態1/微生物学2実践社会薬学/栄養と健康/漢方概論医薬化学/天然物化学/放射科学/薬剤学薬品物理化学実習/薬理学2/医薬品の開発ゲノム創薬科学/製剤学/天然物薬品学薬剤学実習/薬物動態学/薬理学実習医薬品合成化学実習/放射性医薬品学実習分子細胞生物学/薬物治療学1ケモインフォマティクス/有機合成化学創薬インフォマティクス/創薬化学医薬品情報学/界面化学/化学療法学キャリア学習2/疾病と病態2/生活環境と健康生物統計学/バイオインフォマティクス分子腫瘍科学/分析化学3化学物質の生体影響/裁判化学薬剤師と法律/薬物治療学2/薬効物理化学卒業研究衛生薬学実習医薬品化学/感染症とがんの治療集団の健康と疾病予防/調剤学/薬学と社会医療経済学/セルフメディケーションとOTC臨床統計とデザイン進学95.1%(78人)その他(平成29年3月31日現在)学科INDEX : p.163へ薬学部野田キャンパス(4年制)薬学部薬学部 薬学科 p.57同系統の他学科58

元のページ  ../index.html#59

このブックを見る