東京理科大学 大学案内2018
46/172

建築学科curriculum▲ pick up | 伊藤(裕)研究室 | 日本や東アジアの都市形成史を研究する伊藤(裕)研究室。歴史を学ぶことで「これからの都市デザイン」を提案する。voicedata情報通信業 2.8%(3人)、運輸・郵便業 2.8%(3人)、化学工業 1.8%(2人)、非営利団体 0.9%(1人)、鉄鋼・金属 0.9%(1人)、建材・エクステリア0.9%(1人)、電子部品 0.9%(1人)、サービス 0.9%(1人)、その他(進学・留学予定者等)3.7%(4人)その他内訳た。その変遷を追うことで、今後の高架下の空間利用をより意味のあるものに改善できる可能性があると思っています。卒業後の進路キャリア形成プログラム: p.115へ伊藤(裕)研究室 4年 津田 彩花宮城県・県立泉館山高等学校出身鉄道の架設が人々の暮らしを変えた歴史の変遷を探る鉄道の高架の建設が都市に与えた影響を、郷土史や過去の地図などをもとに研究しています。現在の研究テーマは、京成本線の高架架設による荒川区の変化です。以前は店舗や住居が建ち並んでいた地域に鉄道高架が作られることで、人々の暮らしは大きく変わりまし三角スケール・カッター・15㎝定規歴史を知る「都市の歴史を感じること」です。上京前は東京は最先端の都市というイメージでしたが、実際には昔ながらの商店街がたくさん残っています。都市の変化を体感できることが研究の面白さです。模型づくりに使う道具です。素材を考え表現を工夫し、満足のいく模型が完成したときは大きな達成感があります。プレゼンテーションをする機会も多く、大勢の前で話す経験は社会に出た時に役立つと感じています。建築学は、ハード・ソフトの両面から、自然・人間・社会の調和した環境の基盤を創出、保全するものであり、その学問領域は、単に工学にとどまらず、社会・経済・文化とも関連性の強い、学術、芸術、技術が三位一体となった総合学です。1年次2年次3年次4年次設計基礎1・2/建築環境工学概論力学基礎及び同演習/材料力学及び同演習建築概論/図学/線形代数1・2微分積分1・2物理学1・2/化学1・2数学演習1・2 /デザイン演習1・2建築IT概論/プログラミング技法設計製図1・2卒業研究及び卒業制作1・2建築数理2/建築・都市設計建築施工/建築法規設計製図3プロジェクト研究/建築数理1環境系(第2部門)構造系(第3部門)計画系(第1部門)日本建築史/構法計画A/建築計画1・2世界建築史構法計画B建築設備概論建築熱環境/建築空気環境/建築音環境建築光環境建築材料1/金属系構造1/建築振動1構造力学及び同演習/建築構造デザイン建築材料2第一部門(計画)設計及び演習現代建築/建築ディテール/計画理論ランドスケープ/都市計画/都市デザイン建築空間論/近代建築史/設計監理建築生産/都市史第二部門(環境)実験及び演習建築環境測定建築環境工学A・B・C/建築設備計画建築設備設計/建築防火コンクリート系構造1第三部門(構造・材料)実験及び演習建築構造・材料実験及び演習建築構造技術/木質系構造/地震工学構造計画/性能型構造設計/金属系構造2・3建築振動2/コンクリート系構造2建築基礎構造建築構造設計製図必修科目 選択必修科目 選択科目Q2あなたの学びを象徴するアイテムは?Q1あなたにとって研究とは?進学56.9%(62人)建設業 20.2%(22人)不動産・物品賃貸業7.3%(8人)その他(平成29年3月31日現在)学科INDEX : p.161へ工学部葛飾キャンパス理工学部 建築学科 p.73  理工学部 土木工学科 p.83同系統の他学科45

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る