東京理科大学 大学案内2018
31/172

応用化学科化学科応用物理学科物理学科応用数学科宮村 一夫理学部第一部学部長主体性を持ち、専門を極める。そんな人材を世界は放っておかない。 理学の研究目標は新発見(Discovery)であり、「知りたい」という探究心からすべてが始まります。そして、未知の現象や生命体、自然の原理を発見し、理解することで予測につなげていく学問です。理学を追求する者にとって一番大切なことは、主体性を持って学ぶ姿勢だと思います。一方、工学の研究目標は発明(Invention)であり、目的意識がはっきりしているため着想が最も重視され、そこから設計や評価が行われます。理学と工学は互いに調和しながら科学技術を発展させてきました。近年、理学部はグローバル時代に活躍できる人材の育成に力を注いでおり、語学教育や留学、海外との共同研究や研究交流などを積極的に行ってきました。学生には、常に世界を意識しながら、主体的に学び、探究する姿勢を磨いてほしいと思います。主体性を持ちながら、専門を極めている人材を世界は放っておかないと思います。最後に、今後はさらに女性研究者を育てていきたいと考えています。欧米や中国では女性の博士が当たり前の時代を迎えています。女性の皆さんも大きな志を持って理学部に入ってきてもらいたいと思います。どの諸分野へ応用され、それぞれの分野の発展を支えています。理学部第一部は基礎学問だけではなく、応用理学がバランスよく配置されているのが特長です。そして、基礎系学科と応用系学科の連携は、教育面・研究面においても浸透しています。理学部第一部は、「十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身に付け、豊かな教養に裏打ちされた強い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成」を教育目標に掲げています。数学科応用化学科応用物理学科応用数学科化学科物理学科理数教員育成数学科代数学系幾何学系解析学系確率論・統計学系数学教育系物理学科地球・宇宙系原子核・素粒子系物理教育・生物系物質系(理論)物質系(実験)化学科有機化学系無機化学系物理化学系化学教育系基礎系応用数学科統計科学系計算数学系情報数理系応用物理学科量子物理系数理・統計物理系先端デバイス物理系応用化学科有機化学系無機化学系物理化学系応用系数学科理学部第一部数学科応用化学科化学科応用物理学科物理学科応用数学科30

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る