東京工科大学 大学案内2018
95/144

ココが実学主義ココが実学主義3年次4年次後 期後 期前 期就 職 ◎理学療法ゼミ ◎リスク管理論 ◆老年期理学療法学 ◎マニュアルセラピー ◎マニュアルセラピー実習 ◎スポーツ科学理学療法学演習 ◆生活環境福祉学 ◎地域理学療法学 ◎臨床実習Ⅲ(評価)◆栄養代謝学4月~10月臨床実習Ⅳ(インターン) [6週間×2]◆先端医療総合講義 ◎理学療法総合演習 ◎卒業研究 ◎臨床実習Ⅳ(インターン) ◎理学療法総合演習 ◎卒業研究 ◎臨床実習Ⅳ(インターン)◆医療情報演習卒業後の進路国公立・大学病院や総合病院をはじめとする医療機関/身体障害者(児)福祉施設/介護老人保健施設/都道府県、市町村(保健部門)/大学院進学 ほか神経内科学血管障害、中毒、感染、遺伝などが原因の脳神経と筋肉の疾患を、病態と診療の概要、リハビリテーションとの関連から理解します。人間発達学胎児期から老年期までのライフスパンで、各時期における身体・運動・心理・社会性の発達の特徴や課題を学びます。内部障害系理学療法評価学実際の臨床現場に出てからのさらなる成長にもつながるよう、さまざまな医療情報を解釈する能力の修得を目的に、タブレット端末や実際の医療情報を使うことで臨床現場さながらの授業を行っています。マニュアルセラピー実習神経筋骨格系疾患に対するエビデンスに基づいた最新の理学療法評価と治療の基本的知識、スキルを学修します。臨床実習を想定し、適切に症例に適用できる実践的応用能力を修得します。スポーツ科学理学療法学演習理学療法の視点で健康、スポーツ活動の支援やスポーツ外傷・障害を予防・治療できるよう、その方法論を学びます。卒業研究テーマを設定し、具体的な計測、データ解析、統計学的処理法から仮説を検証。理学療法学における研究の重要性を理解します。国家試験対策習熟度別の学修対策を実施し、 国家試験100%の合格をめざします。通常の授業で知識の定着を図るとともに、定期的に行う学内・学外模試、さらに分野別のテストについても頻繁に実施します。テストの結果により、習熟度に沿った学修対策を実施。一人ひとりに向き合った学修指導を心がけ、理学療法士国家試験100%の合格をめざします。従事者にとって必要な各疾患の病態と機能障害の特徴を学ぶ専門基礎科目を中心に、「運動療法」などの専門科目を履修します。3年次は運動器系、神経系、内部障害系および生活支援系の実習により理学療法の幅広い知識と技術を身につけ、評価実習に必要な知識と技術の統合を図ります。そして4年次は総合実習に臨み、卒業研究に取り組みます。取得可能な資格理学療法士国家試験受験資格※代表的な科目のみ記載。変更になる場合があります。2017年実施国家試験合格率[新卒]理学療法士98.7%93TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY理学療法学科

元のページ  ../index.html#95

このブックを見る