東京工科大学 大学案内2017
94/144

Messages from Students, OB&OG先輩からのメッセージ日々発展する医療に対応できる 力を身につけることができます。授業を通じて疾患の種類や特徴を学び、患者さんとご家族のためにどう接するべきかを深く考えられるようになりました。人として成長できたことが、一番の収穫だと感じています。大学での勉強も実技も想像以上に大変ですし、1年次に基礎をしっかり固めないと後で本当に後悔することになります。ですが、理学療法士は患者さんから「ありがとう」と言ってもらえる本当にやりがいのある仕事です。東京工科大学はコンピュータ教育に実績があり、先進医療機器も充実していて、日々発展する医療に対応できる能力を身につけることができます。この環境をフルに活用して夢を叶えてほしいと思います。在学中のさまざまな経験が チームアプローチをするうえで 役立っています。回復期のリハビリ病棟で、さまざまな疾患の患者さんにリハビリを行っています。仕事をするうえで大切にしているのは、患者さんを取り巻く全てのことからアプローチしていく姿勢です。いかに心を通わせ、興味や趣味について聞き出し、最適な方法を見つけ出せるか。このことが治療の効果を大きく左右します。在学中は、コミュニケーションの能力を高めるためボランティアサークルを立ち上げ、介護施設の方々と積極的に交流したこと、他の医療専門職を育成する学科の人たちと同じ授業を受け、お互いの仕事について理解できたことなど、大学での経験が、現在、チームアプローチをするうえで大いに役立っていると感じます。Messagefrom卒業生先入観や偏見を持たずに 患者さんを理解する大切さを 学びました。オープンキャンパスに参加した際に、最新の機器や設備が充実していたこと、また、以前より就職したいと考えていた関東労災病院が実習病院に指定されていたことが、看護学科を選んだ理由です。さまざまな科目を通して、先入観や偏見を持たず、患者さんがどんな人であるのかに関心を向け理解しようとする姿勢や気持ちが大切であるということを学びました。その教えは将来、患者さんが入院中だけではなく退院して地域に戻った後の生活まで考えた看護を提供し、信頼される看護師になるという目標を叶えるための基礎になると信じて、今も普段の生活から実践しています。Messagefrom新卒者就 職Messagefrom新卒者就 職柿田 菜津美 さん医療法人社団 永生会 南多摩病院2016年3月理学療法学科卒業都立翔陽高校出身(東京都)Profile樋口 陽介 さん労働者健康福祉機構 関東労災病院2016年3月看護学科卒業県立岡谷南高校出身(長野県)Profile川島 瑠里子 さん医療法人社団輝生会 船橋市立リハビリテーション病院2014年3月作業療法学科卒業雙葉高校出身(東京都)Profile92TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY医療保健学部School of Health Sciences

元のページ 

page 94

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です