東京工科大学 大学案内2017
90/144

専門基礎科目・専門科目主な専門基礎科目主な専門科目臨床工学科臨床工学技士は、生命維持管理装置の操作や保守点検を通じて、医療現場の最前線で活躍する医療機器のプロフェッションです。最先端の医療機器に依存する現代の医療では、医学と工学に精通した唯一の医療技術者として、その存在感はますます高まっています。臨床工学科は、本学園が培ってきた臨床工学技士養成教育の実績を継承しつつ、総合大学としてのメリットを生かした教育・研究で、先進医療を担う臨床工学技士を育成しています。医療機器が整う実習室、多彩な医療機関で体験できる臨床実習など、恵まれた実習環境の中で汎用的な基礎力を身に付けつつ実践能力を高めていけることも魅力のひとつです。人体解剖学Ⅰ臨床工学技士としての学問体系の基礎となる人体の基本的構造を、細胞から器官にいたる各単位について学びます。外科系臨床医学Ⅰ臨床工学技士として必要な外科学の基礎として消毒滅菌、侵襲とショック・創傷治癒・栄養と周術期管理などについて学び、消化器一般外科・心臓血管外科・呼吸器外科・脳神経外科の概要を理解します。臨床工学概論臨床工学技士をめざす学生にとって必要不可欠な、専門科目の導入科目として新設。1年次から高度な医療機器全般への関心を高めることを目標とするとともに、専門科目群の勉学意欲を高め、自身がめざす臨床工学技士像を明確にします。生体機能代行技術学体外循環技術・血液浄化技術・呼吸療法技術の理論を体系的に学びます。本科目を履修した後、各種演習へと進み、最終的には実践的な実習へ向かうことで、段階的に理解を深めることができます。医療安全・人間工学概論医療従事者としての安全について理解します。ヒューマンエラーの心理学的基礎・事故事例、安全対策・事例分析の手法、チーム形成・危険予知活動など、安全人間工学の各領域とともに人間工学の概要を学びます。電磁気学電気工学・電子工学を学修するうえで基礎となる電気と磁気の現象について学び、医療施設における工学技術者としての基礎を身につけます。医用機械工学医療機器の作動原理の理解と基本的な操作・保守点検のために必要な材料工学・流体力学・熱力学などの基礎とともに、機械要素とメカニズムの基礎を学修します。生理学Ⅰ人間の構造、解剖学の知識を背景に、人体の植物性機能(生命維持の仕組みなど)、動物性機能(運動制御の仕組みなど)、人間性機能(脳の高次機能など)を中心に学修します。す。どちらも、臨床工学技士が医療で活躍するために必須な基礎科目群です。これらの科目は、臨床工学技士が扱う医療機器について理解を深めるための基礎となります。習がバランスよく配置されています。⑤は内科・外科の基礎知識を、⑥では、地域の医療施設の指導者から直接業務を学びます。そして「臨床工学セミナー」で総合的に医療を学ぶとともに研究室に所属し、問題発見と解決策を学ぶ「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」に取り組みます。専門基礎科目は、医学系科目と工学系科目から構成されています。医学系科目は解剖学、生理学、薬理学などに代表され、医療人の一員として必要な科目となります。一方の工学系科目は、電気工学、電子工学、医用機械工学などを学んでいきま専門科目は、①医用生体工学 ②医用機械学 ③生体機能代行技術学 ④医用機器安全管理学 ⑤関連臨床医学 ⑥臨床実習の6つの領域にわかれます。①~④の領域は、臨床工学技士が操作する医用機器や装置のメカニズム、機能、操作方法、保守点検の手法を理解するためのもので、講義に続き演習・実専門基礎科目専門科目88TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY臨床工学科Department of Clinical Engineering

元のページ 

page 90

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です