東京工科大学 大学案内2018
9/144

東京工科大学の学び社会で生き抜くための生命科学分野教養学環学部専門教育専門知識だけでなく、変化に適応していくために欠かせない基礎・原理原則、普遍的な教養、豊かな人間性を涵養します。「実学主義」教育「実学主義」教育は すぐ使える力だけではなく、 末永く使える力を培います。末永く使える力が求められるのは技術が急速に進化していくから複雑化・多様化する社会に適応していくためには、どのように社会が変化しようとも、考える基礎となる普遍的な知識や教養を身につけておく必要があります。また、実践的な専門知識や技術を身につけることは、即戦力として活躍するには欠くことはできないものです。そのため東京工科大学では、国際的な教養と人間形成をめざす教養教育専属の組織「教養学環」を設置。加えて、コース制の導入や実務経験豊富な教員による授業など、実学をベースに専門能力を身につける「学部専門教育」を充実させています。理工系総合大学にふさわしい、人間性と専門性を育む実学主義教育を展開しています。自動車分野PC・通信分野日本語ワープロ誕生携帯電話が実用化低公害エンジンなど環境対策がはじまる遺伝子組換え技術の確立マウスES細胞の樹立遺伝子増幅技術(PCR)の確立ゲノム編集技術の開発ヒトゲノムを1000ドルで解読可能にiPS細胞を利用した再生治療が可能な時代に突入ヒトゲノム配列の解読完了ウイルスベクターを利用した遺伝子治療の実施排出ガス規制遺伝子組換えトマトの販売ABSによる初の自立制御システムの導入DNA配列解析法の確立クローン羊誕生iPS細胞の樹立ハイブリッドシステム開発が進展公道での自動運転車走行実験がスタートバッテリー性能向上により電気自動車の航続距離が年々拡大燃料電池車販売開始ハイブリッドカーが普及環境技術に優れた日本車が躍進ステレオカメラによる高機能な運転支援開発ポケベルの普及電子メール技術が進展家庭用インターネットサービスの普及携帯電話でインターネットへの接続が可能にクラウド・コンピューティングという言葉が生まれるPC・ガラケーの普及Macintosh誕生スマートフォンの普及クラウドサービスの拡大タブレット端末が普及末永く使える力である「適応力」を育む技術の進化に適応する力が必要197019751980198519901995200020052010201520167TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る