東京工科大学 大学案内2018
88/144

教授・修士(工学)石塚 昭彦専門分野:工業デザイン教授・修士(美術)伊藤 丙雄専門分野:視覚デザイン・ピクトグラム教授・修士(学術)暮沢 剛巳専門分野:デザイン論・デザイン史教授・芸術学修士黒川 修一専門分野:美術史・デザインと芸術教授・修士(美術)酒百 宏一専門分野:視覚デザイン・地域とデザインプロジェクト准教授・博士(学際情報学)松村 誠一郎専門分野:映像デザイン・サウンドデザイン准教授・博士(美術)宮元 三恵専門分野:空間デザイン・空間づくりプロジェクト講師・修士(工学)・修士(農学)伊藤 潤専門分野:デザインスキル講師・修士(美術)大西 景太専門分野:映像デザイン・モーショングラフィックス講師・修士(芸術)加藤 一葉専門分野:工業デザイン・インターフェイスデザイン教授・芸術学士竹本 正壽専門分野:映像デザイン・CMデザイン教授・修士(美術)本郷 信二専門分野:工業デザイン・家具デザイン教授・芸術学修士山岡 俊平専門分野:空間デザイン・インテリアデザイン准教授・芸術学士伊藤 英高専門分野:映像デザイン・映像メディア准教授・博士(美術)末房 志野専門分野:視覚デザイン・エディトリアルデザイン専任教員デザイン学部長 池田 政治教授・芸術学修士専門分野:空間・環境デザイン社会の中でデザインを学ぶ、学外活動体験プロジェクト。大学がある大田区主催の「大田区 区制70周年記念デザインプロジェクト」に参加しました。私が担当したのは、大田区制70周年を記念した新たな回覧板のデザインです。大田区のキャラクター「はねぴょん」を70周年にちなんで70匹入れた案をプレゼンし、採用されて手応えを得ましたが、相手が求めているものと自分の意識にズレがあったのも事実です。それを修復しつつデザインを仕上げていく作業は粘り強さが求められました。また、普段の授業や課題制作と同時並行で進めていくため、スケジュールを調整する大切さも実感できました。学外活動体験プロジェクトは、社会の中で役立つデザインとは何かを肌で感じられる良い機会です。今後の勉強の励みになることは間違いないですから、このチャンスを皆さんも活用してください。自分が手がけたポスターが、羽田空港で外国の方をお迎えする。そんなワクワクする感覚に背中を押され、「大田区 区制70周年記念デザインプロジェクト」に参加しました。今回与えられたテーマは大田区区制70周年記念式典の告知ポスターを制作することで、私は区民のみならず、大田区を訪れる観光客に、区制70周年を広めることを目的としたポスターをつくろうと思いました。区役所総務課の方々と議論を進める中で痛感したのは、クライアントの要望を、自分というフィルターを通して表現することの難しさです。要望をしっかり把握するためにコミュニケーション能力や取材力、それを実際に表現できるスキルの重要性を実感できた貴重な機会となりました。この経験を生かし、この先の学びにも貪欲に取り組んでいきたいと思います。社会に役立つデザインを 肌で感じるチャンス。クライアントの要望を 実現する難しさを知りました。学外活動体験プロジェクト大田区 区制70周年記念式典デザインプロジェクトデザイン学部3年(取材時)山村学園高校出身(埼玉県)小野 温子デザイン学部3年(取材時)東京実業高校出身(東京都)星 貴文大田区公式キャラクター「はねぴょん」©大田区チラシポスター記念誌回覧板86TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYデザイン学部

元のページ  ../index.html#88

このブックを見る