東京工科大学 大学案内2017
85/144

カリキュラム・学びの流れ※代表的な科目のみ記載。変更になる場合があります。臨床実習スケジュール専門科目専門基礎科目基礎教育科目◎必修 ◆選択 保健師国家試験受験資格の取得を希望する場合は、必修・選択の別が一部異なります。◎看護学概論 ◎基礎看護技術Ⅰ ◎基礎看護学実習Ⅰ5月 基礎看護学実習Ⅰ[1週間] 2月 基礎看護学実習Ⅱ[2週間]◎基礎看護技術Ⅱ ◎地域看護学 ◎感染制御ケア◎癒しのケア学 ◎公衆衛生学 ◎保健医療福祉論 ◎人体構造学 ◎医学概論 ◆家族社会学◎生命倫理 ◎人体機能学 ◎栄養代謝学 ◎病理病態学Ⅰ人文・社会:◆哲学 ◆芸術論 ◆政治学 ◆経済学 英語:◎フレッシュマンイングリッシュⅠ 心身ウェルネス:◆栄養と健康 ◆集中実技Ⅰ コンピュータ:◎コンピュータリテラシー演習Ⅰ ◎コンピュータ概論Ⅰ 人間形成:◎フレッシャーズゼミ 自然科学:◎医療科学の基礎Ⅰ ◆生物の世界 ◆数学基礎人文・社会:◆科学論 ◆心理学 ◆法学 英語:◎フレッシュマンイングリッシュⅡ 心身ウェルネス:◆スポーツ・コンディショニング ◆集中実技Ⅱ コンピュータ:◆コンピュータリテラシー演習Ⅱ ◆コンピュータ概論Ⅱ 人間形成:◎フレッシャーズゼミ 自然科学:◆医療科学の基礎Ⅱ ◆化学の世界 ◆物理の世界◎基礎看護技術Ⅲ ◎ヘルスアセスメント ◎母性看護学概論 ◎小児看護学概論 ◎成人看護学概論 ◎高齢者看護学概論 ◎健康学習論 ◎家族看護学◎看護過程 ◎精神看護学概論 ◎在宅看護学概論 ◎母性看護学Ⅰ ◎小児看護学Ⅰ ◎成人看護学Ⅰ ◎高齢者看護学Ⅰ ◎医療・看護情報学 ◎基礎看護学実習Ⅱ ◆公衆衛生看護学Ⅰ◎臨床微生物・免疫学 ◎病理病態学Ⅱ ◎疾病治療論Ⅰ ◎疾病治療論Ⅲ ◎疾病治療論Ⅳ ◎疾病治療論Ⅴ ◆発達心理学◎臨床心理学 ◎保健統計学 ◎疾病治療論Ⅱ ◎臨床薬理学 ◆疫学 ◆社会経済学 ◆画像評価学人文・社会:◆宗教学 ◆コミュニケーション論 コンピュータ:◆応用コンピュータⅠ 自然科学:◆統計学人文・社会:◆倫理学コンピュータ:◆応用コンピュータⅡ1年次2年次就 職4年次3年次9月~12月母性看護学実習[2週間]高齢者看護学実習[3週間]小児看護学実習[2週間]精神看護学実習[2週間]成人看護学実習[5週間]4月~7月在宅看護学実習[2週間]公衆衛生看護学実習[3週間]7月統合看護実習[3週間]専門科目◎母性看護学Ⅱ ◎小児看護学Ⅱ ◎母性・小児看護技術演習 ◎成人看護学Ⅱ ◎成人・高齢者看護技術演習 ◎高齢者看護学Ⅱ ◎精神看護学 ◎在宅看護学 ◎産業看護学 ◆医療安全・人間工学概論 ◆認知症ケア ◆公衆衛生看護学Ⅱ ◆産業看護演習◎母性看護学実習 ◎小児看護学実習 ◎成人看護学実習 ◎高齢者看護学実習 ◎精神看護学実習 ◎看護研究◎臨床工学演習◎臨床栄養学 ◎卒業研究 ◎統合看護実習 ◎在宅看護学実習 ◆地域看護学実習 ◆リプロダクティブ・ヘルスケア ◆ファミリーサポート論 ◆公衆衛生看護学Ⅲ ◆公衆衛生看護学実習Ⅰ ◆公衆衛生看護学実習Ⅱ◎看護管理学 ◎災害看護学 ◎卒業研究 ◎看護工学 ◎看護総合セミナー ◆国際看護学 ◆先端医療総合講義 ◆リハビリテーションケア ◆パリアティブケア ◆公衆衛生看護管理論 専門基礎科目1年次は社会人としての教養と、専門科目を学修するうえでのベースとなる基礎教育科目、さらに看護の対象となる人を理解するための専門基礎科目(人間社会と医療)(人体メカニズムと疾病・障害)を中心に学びます。2年次は基礎教育・専門基礎・専門科目(看護の基礎)により広い視野を養います。3年次は専門科目(看護の方法・実践・統合・発展)と実習を通して、より専門的な知識と技術を修得。4年次には研究的な視点や生涯学修習慣の基盤形成をめざします。取得可能な資格看護師国家試験受験資格保健師国家試験受験資格保健師国家試験受験資格の取得は、希望者による選抜制です(定員20名)。また、保健師国家試験の合格者は、申請により「養護教諭2種免許」「第一種衛生管理者免許」が得られます。卒業後の進路国公立・大学病院をはじめとする医療機関/訪問看護ステーション/保健所/都道府県、市町村(保健部門)/企業健康管理室/大学院進学 ほか学生が主体となって国家試験対策に取り組んでいます。国家試験対策担当教員による定期的な対策講習会の開催、学修計画・模擬試験受験計画の立案のほか、勉強会や情報交換を支援するなど、学生が主体的に国家試験対策に取り組めるようサポートしています。少人数グループに特定の教員がつき継続的に指導するアドバイザー制やeラーニングの導入、ゼミごとの学習会も開催するなど、学科を挙げて対策を行っています。国家試験対策2016年実施国家試験合格率[新卒]看護師 96.0%保健師 100%83TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY看護学科Department of Nursing

元のページ 

page 85

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です