東京工科大学 大学案内2017
79/144

卒業後、自分は何をしたいのか、何になりたいのか、そのために今どう頑張っているのか。デザイン学部で学んできた先輩たちに、それぞれの思いを聞いてみました。感性演習とサークル活動が 自分の成長を支えてくれました。デザインについて興味があり、デザイン学部に入学したものの、1年次は、人とデザインの関わりがまったく理解できませんでした。それでも、2年次の感性演習「伝える」「関係づける」でさまざまな制作を体験し、講評会を重ねることで、デザインの意味や求められていることについて理解を深めることができました。また、授業と同じくらい、アニメーションサークルで部長を経験できたことも私にとって財産となっています。組織として活動するため自分の思いが通じないことも多かったのですが、活気ある意見が交わされ、作品ができ上がっていく面白さは格別なものでした。デザイン学部は多様な学びや異なる価値観を持つ先生がいて、私も授業やサークル活動を通じて、ここでしかできない貴重な経験を重ねることができました。卒業後は、生活雑貨の販売を手がける会社に就職します。ここで磨いたクリエイティブな発想力を生かして、生活を豊かに楽しくできる、ワクワク・ドキドキする商品をお客様に提案していきたいですね。幅広いデザイン分野を学んだ経験が 空間づくりの強みになると確信しています。イラストレーションや本の装丁に興味がありデザイン学部に進学したものの、工業系のデザインについての知識もある方が、社会に出たときに役立つのではないかと考え、空間デザインを学ぶコースに進みました。さまざまなデザイン分野を横断して学んだうえで、専門性を深められるのがこの学部の魅力。卒業後は飲食店を経営する企業にデザイナーとして就職しますが、空間演出やプロダクトの企画に、グラフィックや映像のエッセンスを加えられることは強みになると確信しています。夢はお店のスタッフとお客様がともに幸せを感じられる空間の提案。いつも笑顔が溢れるお店づくりに貢献したいと思っています。Messagefrom新卒者就 職Messagefrom新卒者就 職卒業研究卒業研究のテーマは、日本特有の「和製英語」。日本オリジナルのこの言葉が、英語圏ではどう解釈されるのか(通じないのか)を紹介するアニメーション作品を制作しました。オリンピックが日本で開催されるにあたり、「和製英語」で起きるちょっとした言葉のすれ違いを意識するきっかけになればと作成しました。私たちが、これは通じるのでは…?という言葉も、英語圏では全く違う意味だったりします。それについて調べることも興味深く、関心が尽きることはありませんでした。河村 初 さん株式会社ロフト2016年3月デザイン学部卒業文京学院大学女子高校出身(東京都)Profile渋谷 怜平 さん株式会社ゴリップ2016年3月デザイン学部卒業市立川越高校出身(埼玉県)Profile77TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYデザイン学部School of Design

元のページ 

page 79

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です