東京工科大学 大学案内2019
65/144

教養科目と専門基礎教育科目を幅広く学んだうえで、3年次からコースに所属し、学修するカリキュラム。各自の興味や適性に合わせて3年次より「生命科学・環境コース」「医薬品コース」「先端食品コース」「先端化粧品コース」のいずれかを選択します。それぞれのコースには、各分野で必要となる多様な知識と技術を学べる充実した科目・実験を用意。必要に応じて他コースの科目も履修できます。実験やグループワークを通して、生きた知識と実践力をしっかりと身につけていく学び。生きた知識と幅広い実験スキルを確実に修得するために、本学部では入学直後から実験に取り組みます。1年次に基礎実験で実験の基本的知識と方法論を修得。それらのスキルは2年次のコース共通の専門実験に生かされ、3年次以降はコース別の専門実験が始まります。3年次に所属の研究室を決定。研究・就職活動に早期の着手が可能。4年間の学修の集大成となるのが研究室での活動です。本学部では3年次に所属研究室が決まるので、学生はテーマを深く掘り下げた研究が行えます。また、卒業論文作成や就職活動、大学院への進学準備も早めに始めることができます。資格対策の専門家に学べる独自の資格取得支援プログラム。就職活動時や卒業後に、本人の力を証明する資格。本学部では資格の取得支援を実施しています。資格対策のプロフェッショナルによる講座を開催し、その受講費の一部または全額を大学が負担します。特 長■ 生命科学・環境コース 生命科学分野/環境分野■ 医薬品コース  ■ 先端食品コース  ■ 先端化粧品コース八王子キャンパス63TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY応用生物学部

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る