東京工科大学 大学案内2018
64/144

3年次社会人基礎科目・ウェルネス科目フレッシャーズゼミⅠ・Ⅱ、キャリアデザインⅠ~Ⅳ、インターンシップⅠ・Ⅱ、サービスラーニング実習Ⅰ・Ⅱ、海外研修、海外語学研修、スポーツ実技Ⅰ~Ⅳ ほか1年次2年次専門教育科目教養教育科目芸術論、心理学、哲学、倫理学、言語学、宗教学、法学、政治学、経済学、社会学、英語、情報リテラシー、情報リテラシー演習、数学概論、数学基礎、物理の世界、化学の世界、栄養と健康、サイエンスの世界ほか専門基礎教育科目分子生物学Ⅰ・Ⅱ、生命科学Ⅰ~Ⅲ、化学基礎演習、化学演習、一般化学、微分積分Ⅰ・Ⅱ、微生物学、生態学ほか講義付き実験生物・化学基礎実験Ⅰ、生物・化学基礎実験Ⅱ教養教育科目総合社会Ⅰ・Ⅱ、英語インテンシブⅠ~Ⅳ、ビジネス英語Ⅰ~Ⅲ、フランス語Ⅰ・Ⅱ、中国語Ⅰ・Ⅱ、自然とエネルギー、地球環境論ほか専門基礎教育科目分子生物学、有機化学Ⅰ・Ⅱ、物理化学Ⅰ・Ⅱ、生化学Ⅰ・Ⅱ、分析化学、無機化学、統計解析、細胞生物学 ほか実験分析化学・有機化学実験、生化学・微生物学実験各自の興味に応じて、バイオテクノロジーや環境科学、医薬品、食品、化粧品などの先端トピックスに関する専門講義を1年次や2年次から受講することもできます。コース決定生命科学・環境コース生命科学分野免疫学、バイオセンシング、医用組織工学、遺伝子・タンパク質工学、環境バイオテクノロジー、バイオインフォマティクス ほか生命科学・環境コース環境分野環境概論、環境バイオテクノロジー、水環境工学、植物細胞工学、生物化学工学、機器分析、バイオ産業概論 ほか医薬品コース薬学、免疫学、創薬学Ⅰ・Ⅱ、再生細胞医薬概論、バイオインフォマティクス、遺伝子・タンパク質工学、医薬品開発概論、病態生理学 ほか先端食品コース食品科学、栄養科学、食品製造学、食品安全論、発酵学、機器分析、機能性食品学、先端食品開発概論 ほか先端化粧品コース化粧品科学、化粧品原料化学、皮膚科学、化粧品界面化学、毛髪科学、化粧品研究開発概論、薬学、免疫学 ほか創成課題Ⅰ・Ⅱ体系的な基礎科目と実験科目により学ぶ力、研究する力を、着実に養います。化学基礎演習/化学演習生物現象を理解するために欠かすことのできない化学の知識を学ぶ演習です。「化学式と物質量」「濃度」「酸塩基とpH」などの基礎から、各自の理解度に応じた発展的な内容までを、問題を解きながら学びます。生命科学Ⅰ~Ⅲ少人数制による双方向型の生物学の入門講義です。高等学校で生物を履修していない学生や生物に自信のない学生は基礎から学べる一方、ある程度の知識を持つ学生は、学問の先端を感じることができる内容です。分子生物学Ⅰ・Ⅱバイオテクノロジーを幅広く応用する際に必須の分子生物学について学修。遺伝子の構造、複製、転写、翻訳などを原核細胞、真核細胞の両方の場合について理解し、ウイルスに関連した遺伝子の働きも学びます。生物・化学基礎実験Ⅰ・Ⅱ(講義付き実験)講義と実験を組み合わせることで、生物や化学に関する実践的な知識と実験操作を学びます。まず、講義を通して実験の内容を理解した後、実験を行い、その結果を各自グラフや表にまとめてレポートを作成します。生化学・微生物学実験2年次の必修科目で、特定の遺伝子(DNA)を増幅し、電気泳動によって分離する実験などを行います。1班3名のグループで実際に手を動かしながら実験することで、生命科学の先端を体験します。フレッシャーズゼミⅠ・Ⅱ1年次の必修科目で、クラス担任をアドバイザーとして大学の学びに慣れていくための科目です。学生が自分の興味に応じて特定の課題について調べ、その発表内容をコンテスト形式で審査し、優秀者を表彰します。主な専門基礎教育科目注目科目1年次は、教養教育科目で幅広い教養や社会人基礎力を養うとともに、少人数クラスを基本とする実験科目や演習科目を通して、生物や化学に関する基礎的な知識やスキルを修得しまカリキュラム・学びの流れ/専門基礎教育科目・注目科目62TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY応用生物学部

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る