東京工科大学 大学案内2018
58/144

先輩からのメッセージメディア学部の良いところは、メディアに関する多様な分野を本格的に学べる点です。私は入学後も、何が一番好きなのか、将来どんな仕事をめざすのかが決まっていなかったので、とにかくCG、ゲーム、映像、音楽などを扱う授業を積極的に履修し、しかも座学だけでなく実際にものをつくるところまで学修しました。また、卒業研究では「電車の中で同じ車両に乗り合わせた乗客と楽しい体験ができるアプリ」を開発し、学外イベントでプレゼンもしました。このような在学中の多様で深い経験と、身につけた幅広い視野、行動力が評価され、希望の会社への就職につながったのだと思います。メディアを広く学べるだけでなく、 実際に「ものをつくれる」のがいい。近藤 孝哉 さんLINE株式会社メディア学部1年(取材時)県立鹿児島中央高校出身(鹿児島県)山口 加那子在学生子どものころからテレビドラマやバラエティが大好きで、「自分も面白い番組をつくりたい」と考えていました。そんな私にとって東京工科大学のメディア学部は、まさに身につけたいことを学べる環境でした。映画やCMなどさまざまな映像を実際に見ながら、表現や技術のポイントを学べる「映像制作入門」や、画面の見せ方の基本がわかる「視覚情報デザイン入門」など、将来に生かせそうな授業が1年次から数多くありました。その中で最も力を入れて取り組んでいるのが、プロジェクト演習のひとつ「インテブロ」の活動です。プロ仕様の撮影・編集機材を使って実践的に映像の制作や配信を行うもので、空き時間にはいつも活動拠点のスタジオで過ごすほど、私の生活の中心になっています。 最近、活動の一環として、松任谷由実さんの定期コンサートに関するスペシャルサイト制作の作業にも携わり、ライブ映像の制作にも興味が湧いてきました。1年次から映像制作三昧の毎日です!ココが実学主義おすすめ科目プロジェクト演習何十もの専門的テーマが用意されているこの演習では、本格的なプロジェクトに挑戦することで高度な知識や能力を身につけられます。私は1年次の前期にバラエティ番組、後期にチョコレートのCMの制作に挑戦。自分が実際に制作してみることで、普段は何気なく見ている映像でも、テロップやBGMの入れ方などに多くの高度なテクニックが使われていることを実感しました。新卒者就 職2017年3月メディア学部卒業名古屋市立緑高校出身(愛知県)1年次後期の時間割月火水木金1限化学の世界スポーツ実技Ⅱ2限芸術論英語SLⅡ3限メディア基礎演習Ⅰ英語RWⅡ音楽産業入門造形デザイン入門4限先端メディア学ⅠフレッシャーズゼミⅡ5限プロジェクト演習56TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYメディア学部

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る