東京工科大学 大学案内2019
54/144

1年次2年次3年次社会人基礎科目・ウェルネス科目■フレッシャーズゼミⅠ・Ⅱ ■キャリアデザインⅠ~Ⅳ ■インターンシップⅠ・Ⅱ、■サービスラーニング実習Ⅰ・Ⅱ ■海外研修、海外語学研修 ■スポーツ実技Ⅰ~Ⅳコンテンツ ■映像デザイン ■CGアニメーション ■ゲームプロデューシング ■作曲演習 ■ビジュアルコミュニケーション■プロダクトデザイン ■コンピュータビジュアリゼーション ■空間インタラクティブコンテンツ技術 ■音・音声インターフェース ■健康メディアと地域メディアの企画開発 ■リアルタイム3DCGプログラミング ■コミュニケーション・アナリシス技法 ■サウンド・プログラミング ■イメージメディアプログラミング ■ネットワーク構築 ■スマートサービスデザイン ■タンジブルインタラクションデザイン社会 ■デジタルテキストデザイン ■インターネット放送 ■ソーシャルサービスデザイン ■eビジネスモデル■ユーザ体験価値デザイン ■コンテンツビジネス提案共通メディア学入門コンテンツ ■映像創作入門 ■造形デザイン論 ■ディジタルコンテンツ創作入門■音楽入門 ①視覚情報デザイン入門技術 ②インターネットシステム入門 ■言語コミュニケーション分析入門 ③CG数学入門 ■視聴覚情報処理の基礎 ■システム基盤技術の基礎社会 ④広告技術の基礎 ■経営数理の基礎 ■メディア文化と社会 ■ソーシャルコミュニケーション入門 ■音楽産業入門 ⑤社会調査法メディア関連の以下のテーマを学び、各分野の基礎的な見識とスキルを修得します。⑥メディア基礎演習Ⅰ(1年次)プログラミングを知る、データ解析法を知る、RDPを知る、デジタルコンテンツを知る⑦メディア基礎演習Ⅱ(2年次)映像制作を知る・作る・感じる、ソーシャル・デザイン、プログラミングの基礎Ⅱ※2019年度前期は新たなテーマに変更予定メディア基礎演習■芸術論 ■心理学 ■哲学 ■倫理学 ■言語学 ■宗教学 ■法学 ■政治学 ■経済学■社会学 ■英語 ■情報リテラシー ■情報リテラシー演習 ■数学概論 ■数学基礎■物理の世界 ■化学の世界 ■生物の世界 ■サイエンスの世界ゲーム系 ■インタラクティブ・ゲーム制作(グラフィックス、サウンド、Unity、プロデューシング、GGJ、ゲームデザイン、イントロダクション)アプリ系 ■クリエイティブ・アプリケーション、音声対話映像系 ■インテブロ ■オリジナルCGアニメーション制作 ■シナリオアナリシス ■デジタルキャラクターメイキング ■モーションキャプチャ■ヴァーチャルリアリティCG制作 ■CGアニメーションディベロップメント ■キッズアニメーションCG制作先端メディア学Ⅰ・Ⅱ1年次後期から2年次前期までの学生が、卒業研究室に参加し、先端的な研究分野に関する基礎的な素養を集中的に身につける科目。プロジェクト演習Ⅰ~Ⅵ1年次から3年次までの学生が学年の枠を越えて行う演習科目。履修学年を限定したアドバンストな演習も実施。先端メディアゼミナールⅠ・Ⅱ教養教育科目専門基礎教育科目メディア専門演習Ⅰ・Ⅱ(2・3年次)共通 ■メディア特別講義Ⅰコンテンツ ■メディア芸術の基礎 ■CG制作の基礎 ■コンテンツ制作工程論技術 ■プログラミングの基礎 ■CG数理の基礎 ■メディア情報処理の基礎社会 ⑧統計データ分析 ■インターネットコミュニティ論 ■教育メディア論■ニュースメディア論専門基礎教育科目コンテンツ ■ソーシャルコンテンツデザイン論 ■プロダクトデザイン論 ■先端映像創作論 ■ゲーム制作技術論■ゲームプロデューシング論 ■音楽創作論 ■ディジタル映像表現論 ■インタラクティブアート論技術 ■Webプログラミング論 ■感性情報処理論 ■3次元コンピュータグラフィックス論 ■音響コミュニケーション論■データベースと情報検索技術 ■ヒューマンコンピュータインタラクション論 ■コミュニケーション処理論■イメージメディア処理論 ■音声音響メディア処理論社会 ■インターネットビジネス論 ■社会経済論 ■社会的相互行為論 ■サービスイノベーション■グローバルメディア論 ■コンテンツマーケティング論 ■情報メディア法専門教育科目■総合社会Ⅰ・Ⅱ■英語インテンシブⅠ~Ⅳ■フランス語Ⅰ・Ⅱ■中国語Ⅰ・Ⅱ■自然とエネルギー■地球環境論教養教育科目②インターネットシステム入門ソーシャルネットワークの基盤を形成するインターネットを包括的に理解するために、技術レベル、応用レベル、サービスレベルの3つのレベルでインターネットを捉えて学びます。①視覚情報デザイン入門Webサイトを企画、制作、運用するために必要となる基礎的な知識と技術を総合的に解説し、実際に制作を体験。Webデザインの専門家とコミュニケーションできるレベルをめざします。⑧統計データ分析多種多様なデータを“有益な情報資源”とするために、簡単な確率・統計手法を用いて、データの見方や分析の基本を学ぶとともに、その背景にある社会や経済の諸現象を把握・検証する方法を学修します。専門基礎教育科目専門基礎教育科目では、メディア学を俯瞰しながら学修基盤を固めるための幅広い基礎的内容を学びます。メディア学を構成するコンテンツ、技術、社会の各領域における重要度の高い内容に焦点を当てた講義のほか、メディア関連の6つのテーマについて実践的に学ぶ演習科目も用意されています。主な専門基礎教育科目カリキュラム/学びの流れ2年次前期までは、メディア学の全体を俯瞰しながら学修基盤を固める専門基礎教育科目やメディア基礎演習、そして豊かな教養や社会人基礎力を養う教養教育科目を中心に学びます。2年次後期からは、選択するコースを意識しながら専門教育科目やメディア専門演習を履修。3年次後期からは、「メディアコンテンツコース」「メディア技術コース」「メディア社会コース」のいずれかのコースを選んで、一人ひとりが専門性を高め、4年間の学修の総仕上げとして、卒業研究に臨みます。⑤社会調査法社会事象を把握するための代表的な調査手法である質問紙法(アンケート)調査とフィールドワークおよび会話分析について、それぞれの特徴や実施方法を学修します。⑥メディア基礎演習Ⅰメディアの代表的な分野に関連した4テーマを学び、基礎的な見識やスキルを身につけます。⑦メディア基礎演習Ⅱメディア基礎演習Ⅰに引き続き、メディアのどの分野でも共通で必要とされる見識やスキルを修得。さまざまな学問分野への理解を広げるテーマが用意され、20名程度の小クラスに分かれて学びます。学びの中心に確かな基礎がある体系的カリキュラム。メディア学部の学びの特長である、テクノロジーをベースとする体系的なメディア基礎教育、先進的なメディアコンテンツ教育、そして3つのコース別の専門教育を、根幹から支えているのが、メディア学のパイオニアならではの豊富なノウハウが息づくカリキュラムです。入学時に学びたい専門領域・対象が決まっている学生だけでなく、入学後の学びの中で自分の興味や関心を深めていきたい人にも対応できる多様性と自由度を備えています。メディアと社会の関係や、メディアが生活やビジネスに及ぼす影響などを常に意識しながら、豊かな未来社会の創造にメディアを役立てるための、多彩で高度な能力を身につけていきます。52TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYメディア学部

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る