東京工科大学 大学案内2018
54/144

豊かで便利なメディア社会の実現に貢献するメディア技術に重点を置いて学ぶコースです。アプリケーション、音響、音声対話、ゲーム入出力デバイスなどに関する幅広い知識と技術を修得します。視聴覚情報処理に関する高度な理論と技術を駆使して多彩なビジネス分野で活躍できる、創造力豊かな人材を育成します。コンテンツ制作表現技術に重点を置いて学ぶコースです。メディア基礎技術を生かして、ゲーム、アニメーション、映像、音楽、Webなどのコンテンツを制作するために必要な、多彩な知識や技術を修得します。メディア社会の最前線で活躍する、魅力的なコンテンツや表現手法を創り出す能力を身につけた人材を育成します。メディアで人と社会を結びながら、「情報を広めること」に重点を置いて学ぶコースです。これからの広告、教育、ソーシャルサービス、ビジネスなどを支える手法を考えます。ディジタルサイネージやアドテクノロジー、ネット時代のマーケティングなど、社会とメディアの接点を見つめて革新的な提案を行える人材を育成します。 メディアコンテンツコース メディア技術コース メディア社会コース卒業後の進路プロデューサー/ディレクター/デザイナー/CGエンジニア/クリエイター/企画/広報/サービス/営業/映像技術/放送技術/音響技術/研究機関 ほか卒業後の進路インターネット関連技術/システムエンジニア(企画、営業、保守・運用、ソフトウェア開発)/ネットワーク管理・運用/コンテンツ制作/ハードウェア(企画、設計、開発)/製造/旅客/研究機関 ほか卒業後の進路公共機関・行政/インターネットサービス/教育関連/流通/金融/製造/運輸/放送/企画/広報/出版/コンテンツ制作/福祉/NPO/NGO/研究機関 ほか52TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYメディア学部

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る