東京工科大学 大学案内2017
51/144

メディア学部は、「自分が本当にやりたいこと」に打ち込む人が多い学部です。多彩で奥深いメディアの魅力やメディア学部への思いを、在学生や卒業生が語ってくれました。数字が大の苦手だった自分が プログラミングの面白さの虜に!高校まで数字や数式が大の苦手で、入学後もプログラミングの勉強は敬遠していました。ところが、2年次後期に履修したメディア専門演習が転機になりました。自分の声を録音して波形にしたり、その波形を加工して別の声に変えたりするプログラムを制作したのですが、ただのコードがインタラクティブな動作を実行するプログラムになる面白さに夢中になりました。その後、より高度な研究に取り組みたいと考え、大学院に進学することに。この大学の充実した奨学金と大学院生の経済的負担を軽減するTA制度の存在も決断を支えました。現在最も関心があるのは、メディアアートやネットワーク関連の高度なプログラミング。数学アレルギーだった高校時代の自分からは想像もできないほどです。皆さんも、もし苦手意識があっても、興味が湧いたら果敢に挑戦してほしいですね。諦めない心で臨めば、 きっと結果につながるはずです。ソフトバンクを志望したのは、20代のうちに圧倒的に成長できる環境のある会社だからです。何度もOB訪問を行うことで、働いている社員の方々の様子から実際の働き方をイメージできたことが決め手になりました。現在、所属部署の中でプレゼンをする機会が多いのですが、私の発表内容が管理職の意思決定に強く寄与したように感じられたときは、大きな手応えを感じます。在学中は、「諦めない心」を養えたことが一番の収穫です。実は一時、目標を失いかけた時期があったのですが、「このままではだめだ」と巻き返して、学内でメディアエキスパート賞を受賞することができました。何ごとも主体的に臨めば、社会に出てから役立つベースが必ず身につく大学だと思います。Messagefrom卒業生Messagefrom新卒者進 学卒業研究身の回りにあふれる情報を、プログラムにより可視化する研究に取り組んでいます。私が目をつけたのは、今や多くの大学生の生活に無くてはならないネットサービスになっているTwitterのツイートです。ある単語を検索すると、リツイート件数、ツイートの文字数、時間という3つの軸からなる3次元オブジェクトが描かれ、話題の傾向を視覚的に把握できるというシステムの開発に取り組みました。検索する言葉に関係するツイートが急に増えたときと、徐々に話題が広がっていったときではオブジェクトの形状は変わりますし、単純にツイートの件数や文字数が多ければオブジェクトも大きくなるといった具合です。私はユーザーがWebブラウザでこのオブジェクトを自由な角度から見られるようにするとともに、最終的には刻一刻と変化する様子をリアルタイムで表示できるようにすることをめざしています。この研究は、4年の秋に大阪で開催されたニコグラフという学会で発表しました。厳しい意見も聞かれましたが、研究をより良いものにしていくうえで大いに励みになりました。浦野 三貴 東京工科大学大学院 メディアサイエンス専攻1年2016年3月メディア学部卒業多摩大学附属聖ヶ丘高校出身(東京都)Profile上野 直哉 さんソフトバンク株式会社 情報システム本部2014年3月メディア学部卒業桐蔭学園高校出身(神奈川県)Profile49TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYメディア学部School of Media Science

元のページ 

page 51

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です