東京工科大学 大学案内2017
50/144

Messages from Students, OB先輩からのメッセージアニメ、CG、映画、音楽… いろいろ学んで未来を決めたい。私がメディア学部を選んだのは、アニメやCG、映画、音楽などメディア表現全体に興味があったから。メディアを多彩に扱うこの学部なら、幅広く学んだうえで進路を決められると思ったのです。また、設備や環境の良さも心惹かれたポイント。特にキャンパスのどこでも高速なネットを自由に使えるのは心強いです。まだ入学して1年ですが、魅力的な授業がたくさんありました。中でも興味深かったのは前期に履修した「インターネットシステム」。ふだん何気なく使っているインターネットの仕組みの核心に触れ、より身近に感じられるように。また、メディア学部ならではの「プロジェクト演習」は、聴講するだけでも価値があるので、興味があったら、ぜひ講義を受けてみてください。私もCGアニメーションに関する専門的な知識を、たくさん修得できました。1年次後期の時間割月火水木金1限芸術論 スポーツ実技Ⅱ2限物理の世界英語RWⅡディジタルコンテンツ創作入門 3限 メディア基礎演習Ⅰ音楽産業入門造形デザイン入門英語SLⅡ4限 フレッシャーズゼミⅡ5限 プロジェクト 演習システム基盤技術の基礎広告技術の基礎ディジタルコンテンツ創作入門さまざまな既存アニメキャラクターのパーツを組み合わせて、新しいキャラクターを完成させる実践的な創作を体験。見た目だけでなく設定まで考える必要があり、イマジネーションを膨らませながら楽しく取り組めました。自分の趣味であるイラストレーション制作のスキルも生かせた、印象的な授業です。Message from在学生おすすめ科目!3Dプリンターなどの最新機器で 革新的なものづくりを経験。ステージに霧を出す演出などに使われるフォグマシンという機械があります。稼働させるには前もって霧を発生するための準備が必要ですが、私は一瞬で霧を発生させる装置を卒業研究で開発しました。こうして実際にものづくりに取り組める研究室がある点もメディア学部の特長のひとつで、研究過程で3Dプリンターなど最新の機器を扱う能力も身につけることができました。授業で特に多くの収穫があったのは、オリジナルのゲーム制作に取り組んだ専門演習です。パズルゲームの制作を通じて、授業で習わなかったことは自分で調べる自主性や積極性を養えました。在学中に、音楽や映像、アニメなど、自分と興味が異なる幅広い友人ができたことも、この学部で学んだからこその財産です。Messagefrom新卒者就 職CGアニメーション制作のプロジェクト演習。聴講だけでも「創造する楽しさ」を味わえます。夕食後は、明日の予習をしてからお風呂とスマホのゲームでリラックス。今日も一日充実してました!音楽業界の最新事情なども解説してくれる「音楽産業入門」を受講。面白いと評判の授業です。「ディジタルコンテンツ創作入門」を受講。私と同じアニメ好きの学生がたくさん。自宅はJR横浜線沿線。通学しやすくて助かってます♪学内で有料の英会話講座を受講。外国人の先生から学んで、ヒアリング力が高まってきました!8:30起床13:153限目12:15昼休み17:30プロジェクト 演習(聴講)21:30帰宅1日のスケジュール10:452限目石和 桃子 メディア学部1年(取材時)県立弥栄高校出身(神奈川県)Profile横田 優駿 さん株式会社セガ・インタラクティブ2016年3月メディア学部卒業県立上溝南高校出身(神奈川県)Profile48TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYメディア学部School of Media Science

元のページ 

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です