東京工科大学 大学案内2019
49/144

高齢者などが使いやすい「人に優しい家電」をつくることに興味があり、高校では電子科で学んでいました。そのときに、家電の便利な機能を支えている「組込みシステム」のことを知り、これを詳しく学びたいと考え、東京工科大学のコンピュータサイエンス学部を選びました。高校でもプログラミングは学びましたが、大学の授業は、毎回出される課題を自分で解く能動的な学修スタイルのため、自分で調べて考える力が養われました。学業以外では、1年次から学園祭実行委員会で活動。この活動では人前で話をする機会が多くあり、他人に耳を傾けてもらうための声の大きさや話し方などを肌で感じたことが、授業でのグループ発表などに生かすことができました。就職先では、ICTと健康関連両方の事業を手がける企業で営業を担当します。人と接しながら、人に役に立つ仕事がしたいと考えていた自分にとってやりがいある仕事です。ココが実学主義卒業課題私は、VRゲームでも使われるヘッドマウントディスプレイを用いた「プレゼンテーション練習システム」の開発に取り組みました。練習者は、ディスプレイ内の仮想空間に描かれた聴衆に対して発表を行い、その発表中に聴衆に顔を向けていなかった時間をシステムが自動計測します。この時間を参考にして、練習者は効果的な発表を行えたかどうかを判断。プレゼンテーションを成功させるには、人前でリハーサルを行うことが有効ですが、このシステムを使えば、それと同じ効果が期待できる練習を仮想空間上でひとりで行うことができます。新卒者就 職卒業生ココが実学主義飲食店情報サイトの運営会社「ぐるなび」で、検索サービスに用いられるシステムの開発などに携わっています。Webを通じて多くのユーザーに自分が関わるサービスを利用してもらえることが、仕事での一番のやりがいです。東京工科大学の良いところは、1年次からプログラミングを実践的に学べること。最初は難しく感じる人もいるかもしれませんが、ひとつの言語を修得すれば、あとは同じ考え方で他の言語もスムーズに理解できるようになり、Androidアプリをはじめ幅広いアプリケーションの開発が行えるようになるはずです。ICTは常に新しい技術が生まれる世界ですから、私もしっかり対応できるよう、勉強を続けていきたいと考えています。古賀 美咲 さん2018年3月コンピュータサイエンス学部卒業都立杉並工業高校出身(東京都)株式会社インタートレード島貫 優樹 さん2017年3月東京工科大学大学院コンピュータサイエンス専攻修士課程修了大森学園高校出身(東京都)株式会社ぐるなびこの正面を向いているときの画像だけでなく、システム利用者が別の方向を見たときのシチュエーションなども配慮して開発。本番に向けてのバーチャルプレゼンテーションは、ヘッドマウントディスプレイを使用して行う。コンピュータサイエンス学部で学ぶ先輩や、夢をかなえた先輩から届いたメッセージをご紹介。その生き生きとした姿の中に、あなたの自己実現のヒントが見つかるはずです。最先端の新しい知見や環境が、待っている。47TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYコンピュータサイエンス学部

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る