東京工科大学 大学案内2019
44/144

次世代を担う先進的なコンピュータシステムの構築や、最新技術を生かした製品の開発に必要となる知識とスキルを修得するコースです。オペレーティングシステムやクラウドコンピューティング関連の高度なプログラミングから、セキュリティ、映像・音響メディア処理などの知識・技術の修得まで、幅広い内容を学修。多彩な実験、実習を通じて実践力を養い、ハードウェア開発系にも見識のあるICTエンジニアを育成します。革新的な情報システムをスマートに開発するプロフェッショナルになるための知識・技術を修得するコースです。大規模な社会基盤型情報システム、オープンデータ活用のWebシステム、スマートフォン用シリアスゲームなど、実社会で安心・便利に活用できる価値ある高品質な情報システムの開発に必要な能力を育成。ハードウェアやソフトウェア、そしてそれらを統合するスキルを武器に、さまざまなコンピュータシステムの開発・管理を行えるシステムエンジニアをめざせます。日常の一部となっているインターネットを活用したアプリケーションの開発技術を学ぶコースです。Webアプリケーションやデータベースとの連携、そしてさまざまな機器や装置をインターネットに接続するIoT(モノのインターネット)についても学びます。カリキュラムでは、基礎となるプログラミング技術を修得してから、専門講義科目でインターネット技術、データベースをはじめとするコンピュータ関連技術の基礎を学び、演習・実験科目では、アプリケーション開発技術やIoT機器の利用技術などを実学として学びます。コンピュータ・ソフトウェアコースシステムエンジニアリングコースネットワークコース卒業後の進路ソフトウェアメーカー/ハードウェアメーカー/インターネットサービス 関連/製造業(電子機器、電子部品、通信機器、ゲーム、自動車、家電、プラント、産業機械など)/研究機関 ほか卒業後の進路システムインテグレータ(情報システムのコンサルティング、設計、開発、 運用、保守、管理)/ソフトウェアメーカー/ハードウェアメーカー/ 金融機関/インターネットサービス関連/製造業/研究機関 ほか卒業後の進路情報通信サービス/ソフトウェアメーカー/情報通信機器メーカー/金融機関/システムインテグレータ(情報システムのコンサルティング、設計、開発、運用、保守、管理)/研究機関 ほかこれまでは人間にしかできなかった高度な判断や作業を、コンピュータの活用によって実現するAI(人工知能)に関する知識と技術を学び、その応用方法の修得をめざすコースです。カリキュラムでは、基礎となるプログラミング技術を修得後、人工知能の技術だけでなく応用に不可欠なコンピュータ関連技術の基礎を学修。その後、演習・実験科目で機械学習、深層学習(ディープラーニング)などの技術を実学として修得し、ITの先進分野で活躍できる創造力のあるエンジニアを育成します。AIコース(2019年4月新設)卒業後の進路コンサルティング関連/製造業(電子機器、電子部品、通信機器、ゲーム、 自動車、家電、プラント、産業機械など)/システムインテグレータ/医療・福祉関連/研究機関/金融機関 ほか42TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYコンピュータサイエンス学部

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る