東京工科大学 大学案内2017
4/144

創設者・理事長 片柳 鴻HistoryProfile 創美学園(現・学校法人片柳学園)創設者、同学園理事長、芸術家。1947年に創美学園を創立し、その後1953年には日本テレビ技術学校(後の日本工学院専門学校)を設立。さらに1986年には東京工科大学を開学。現在は東京工科大学附属日本語学校や日本工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校、日本工学院北海道専門学校の教育機関を運営。1985年に藍綬褒章を受章。1947195319561961196419661972197619821985198619871988昭 和22年28年31年36年39年41年47年51年57年60年61年62年63年●●●●●●●●●●●●●学校法人片柳学園の前身 「創美学園」を設立テレビ本放送開始の年に 「日本テレビ技術学校」を設立 「日本テレビ技術専門学校」として学校法人認可各種学校初の第二級無線技術士国家試験免除校認可を受ける東京オリンピックのテレビ実況中継に本校生が参加国内初の電子計算機教育機関に公害防止技術者の養成開始日本工学院専門学校に改称7学科体制で日本工学院北海道専門学校を開校つくば科学万博にレーザーディスプレイシステムを協力出展東京・八王子市に「東京工科大学」を開学。工学部3学科の定員360名に対し、7000名の志願者が集まる技術者養成を目的とした日本工学院八王子専門学校を開校臨床工学技士養成施設第1号モデル校として認可指定「理想的教育は理想的環境から」の 理念のもとに学校法人片柳学園は、1947年の創立以来、69年にわたり実学教育をモットーに、プロフェッショナルとして健全で良識のある人材を輩出し、時代とともに高度化する社会や産業の要請に応えてきました。21世紀に至り、ディジタルメディアやインターネット技術の進歩により情報の波が社会と産業構造を革新的に変化させ、また、バイオテクノロジーも最新技術として幅広い分野で実用段階に入りつつあります。さらに、未来の持続可能な社会の実現に向け、注目を集めているサステイナブル工学。本学園はこうした時代の潮流に応えるべく「理想的教育は理想的環境から」の理念に基づき、一層の教育の充実を図るとともに、八王子キャンパスと蒲田キャンパスに最新の教育・研究環境を整えてまいりました。これまで本学園が培ってきた歴史と豊富な経験・実績をもって、今後なお一層の教育の充実に務め、これまでにも増して社会的貢献を果たしていく所存です。理事長メッセージ2TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY

元のページ 

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です