東京工科大学 大学案内2017
38/144

Messages from Students, OB&OG先輩からのメッセージプログラミングの授業は 新鮮な発見と驚きの連続です。中学時代からパソコンが好きで、タイピングゲームに夢中になったり、SNSで情報発信をしたりしていました。プログラミングにも興味があったので大学はコンピュータ系を志望。東京工科大学を選んだのは、大学見学の際に「クラウドサービスセンター」の存在を知ったことが決め手になりました。広々としたスペースに大規模サーバが並ぶ姿に圧倒されるとともに、学生が実際にこの設備を学修や研究に活用していることが魅力でした。授業で楽しいのは、やはりプログラミングです。自分がコードを打つことでコンピュータに図形を書かせたり、ゲームを作ったり。こんなこともできるのか!と毎回、新鮮な発見があります。将来は、たとえば多くの人が利用している電車の乗換案内のような、世の中に本当に役立つサービスをカタチにしたいですね。1年次後期の時間割月火水木金1限サイエンスの 世界 講義付き実験(講義) 2限芸術論英語SLⅡフレッシャーズゼミⅡ 解析学基礎3限情報リテラシー線形代数Ⅱコンピュータ 概論Ⅱ英語RWⅡスポーツ実技Ⅱ4限プログラミング基礎講義付き実験5限講義付き実験Javaという言語を用いたプログラミングの基本からアプリケーションの作成まで学びます。一番興味深かったのが、サウンドを視覚化するプログラムの作成。自分の声の大小や高低に合わせて図形の色やサイズが次々に変わる様子に夢中になりました。プログラミングの楽しさを実感できる授業です。Message from在学生おすすめ科目!アイデアをカカタチににしたた経経験験がががが、 多くの収穫ををもたららしまましししたた。。。私は幼少期の大半を離島で過ごした反動もあり、都内に暮らすようになった小学校高学年の頃から最新のICTへの興味が膨らみました。東京工科大学を選んだのは、特に学びたかったエンターテイメント関連の技術をハードとソフトの両面から追究できる大学だからです。実際、プロジェクト実習という授業では、2人のダンサーの動きのシンクロ度を判定できるウェアラブルデバイスの開発に挑戦。求める機能を実現するために、仲間と試行錯誤しながら取り組んだ経験は多くの収穫をもたらしました。また、所属した研究室では、担当の教授から研究を進めるうえで必要な姿勢やノウハウを伝授されました、これが自信につながり、就職活動の支えになったのは間違いありません。今日は授業が2限目からなので遅めに登校。電車の中では友人とSNSで大盛り上がり!「解析学基礎」を受講。高校時代の勉強も役に立ちます。ランチは自分で作ったお弁当。いつも仲の良い友だちが集まり賑やかに過ごします♪3限はスポーツ実習。4~5限の「講義付き 実験」では、自分のノートパソコンをフル活用します。今日は演劇部の活動日。もうすぐ行われる部内公演に向けて猛練習中です。家に帰って、ようやく遅い晩御飯。作っておいてくれたお母さんに感謝!10:30通学10:452限目12:15昼休み13:153~5限目18:30クラブ23:00帰宅1日のスケジュール中野 綾香 コンピュータサイエンス学部1年(取材時)淑徳与野高校出身(埼玉県)Profile岩倉 真伍 さん富士通株式会社2016年3月コンピュータサイエンス学部卒業都立国分寺高校出身(東京都)ProfileMessagefrom新卒者就 職36TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYコンピュータサイエンス学部School of Computer Science

元のページ 

page 38

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です