東京工科大学 大学案内2018
35/144

ココが実学主義ココが実学主義3年次4年次後 期後 期前 期大 学 院 進 学就 職卒 業 課 題 Ⅰ卒 業 課 題 Ⅱ創 成 課 題英語インテンシブⅣコーオプ演習Ⅲサステイナブル工学プロジェクト演習信頼性工学知的財産権量子化学、光化学、放射線化学、有機合成化学、工業物理化学、無機工業化学、サステイナブルエネルギー化学、サステイナブル化学特別講義、応用化学実験Ⅲ卒業後の進路(予定)高分子、金属、半導体などの化学工業、食品・化粧品・医薬品などのバイオ産業、自動車産業、電気・電子製品などの製造業の研究開発において、サステイナブル工学を応用して活躍できる技術者・研究者 など人工酵素を用いて緑色蛍光タンパク質遺伝子を導入した細胞化学の力で発電効率をアップした太陽電池モジュール(太陽光発電の心臓部)例えば八王子市の樹木を木炭化し、水と化学反応させると…人工DNAの構造グリーンケミストリーに貢献するY-型ゼオライトの構造段階を経て液体燃料に。この実験を工業化するのが化学工学です。➡生物化学研究室須磨岡 淳 教授工学基礎実験Ⅰさまざまなテーマの化学実験を通して、実験に必要な知識や技術、化学器具や分析装置の扱いを学修。レポート作成方法も身につけます。化学工学化学が開発した新材料を大量生産する工場では、実験室とは別次元の装置が必要です。化学工学では、木質バイオマスの液体燃料化プロセスなどを例に、スケールアップの考え方を学びます。応用化学実験Ⅲ最先端の分析機器を使用し、研究活動に生かせる発展的な実験を実施。得られた結果について論理的に考察する力も養います。サステイナブル応用化学省エネルギーで廃棄物を出さず、しかも優れた機能を持つ材料を産み出すための「グリーンケミカルプロセス」など、サステイナブル工学を実践するための化学の知識と技術を身につけます。生物化学生物を構成する物質を分子レベルで理解し、化学的な視点で生命現象を考察。バイオテクノロジーの基礎も学びます。天然を超える高機能材料を研究室紹介生命の優れたメカニズムに学びながら自分たちで分子を設計し、高機能な材料を開発することが生物化学研究室の目標です。生物は長い進化の過程で、自らの必要とする物質を選び出し、これらを原料として高温や高圧を必要とせずに多くの反応を実現する力を身につけてきました。そこには、これからの社会がめざすべき工学のヒントが数多く隠されています。当研究室は、天然酵素を超える機能を持つ人工酵素を開発し、遺伝子の異常に関連する病気の予防や診断などに役立てる研究を行うほか、貴重な化合物や有害物質などを選択的に結合し、これらを効率的に回収したり除去したりできるような高分子材料の開発も進めています。学、無機化学、分析化学など、応用化学科の専門科目も1~2年次から履修が始まります。2~3年次は、より高度な専門学修に進むとともに、全学生が学内外でのコーオプ実習を経験。3年次に3学科合同のサステイナブル工学プロジェクト演習を行い、その成果を4年次の卒業課題に生かしていきます。※代表的な科目のみ記載。変更になる場合があります。33TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY応用化学科

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る