東京工科大学 大学案内2019
34/144

教養教育科目学部共通科目専門基礎科目専門科目1年次2年次3年次前 期前 期後 期前 期後 期■フレッシャーズゼミ ■海外研修 ■海外語学研修■インターンシップⅠ・Ⅱ ■サービスラーニング実習Ⅰ・Ⅱ ■スポーツ実技Ⅰ~Ⅳ社会人基礎科目・ウェルネス科目■心理学■英語SLⅠ■英語RWⅠ■情報リテラシー■情報リテラシー演習■数学概論■生物の世界■現代社会論■英語インテンシブⅠ■自然とエネルギー■中国語Ⅰ■フランス語Ⅰ■コミュニケーション論■英語インテンシブⅡ■中国語Ⅱ■フランス語Ⅱ■コーオプ企業論■コーオプ演習Ⅰ■サステイナブル工学基礎■コーオプ演習Ⅱ■コーオプ実習■地域連携課題■工学英語A・B■サステイナブル工学実習■微分積分Ⅰ■線形代数①工学基礎実験Ⅰ■微分積分Ⅱ②電気数学■工学基礎実験Ⅱ②電気数学演習■フーリエ解析■基礎力学■確率と統計■安全工学③プログラミング基礎④プログラミング応用⑤電気回路Ⅰ■電気回路演習Ⅰ■電気回路Ⅱ⑤電子回路Ⅰ■電子回路演習Ⅰ■電気回路演習Ⅱ■電子回路Ⅱ■電気磁気学■電気電子計測■電子物性■論理回路■信号処理■電気電子工学実験Ⅰ■電子回路演習Ⅱ⑥電子デバイス■計算機工学■センサー工学⑦通信工学■ディジタル回路■電子回路設計■電気機器■エネルギー工学■システム工学■電気電子工学実験Ⅱ■電気電子工学実験Ⅲ■政治学 ■経済学 ■英語SLⅡ ■英語RWⅡ ■サイエンスの世界 ■化学の世界①工学基礎実験Ⅰ物理実験や電子回路の実験を通して、電気電子工学の基礎知識や計測機器の扱いを学修。プログラミングの基本も学びます。⑤電気回路Ⅰ、電子回路Ⅰ電気電子工学科のカリキュラムの基本となる電気回路、電子回路について、高校の物理の範囲から復習しながら学びます。②電気数学、電気数学演習さまざまな専門科目の問題を解くために必要な数学の知識を修得。電気数学演習を履修することで、理解度を確認しながらの学修が可能です。⑥電子デバイススマートフォン、ゲーム機、パソコンな ど、多種多様な製品に用いられるさまざまな電子デバイスの仕組みや動作原理を学びます。専門基礎科目専門科目電気電子工学の基礎力を養う科目群で、高校の学修からの橋渡しと、専門科目を学ぶための基盤をつくるのが重要な目的です。実際に手を動かして学ぶ実験・演習科目も多数用意しています。1・2年次にコア科目を中心に学んで技術者としての素養を修得した後、さらに専門性の高い科目を学修し、サステイナブル社会を切り拓くために必要な知識や技術を身につけます。主な専門基礎科目主な専門科目電気電子工学は、現代社会のあらゆる技術分野を支え、豊かで安心な暮らしを生みだす原動力です。コンピュータ、スマートフォン、インターネット、Wi-Fi、センサ、ロボット、AI機器、電気自動車、太陽電池、電力貯蔵など、幅広い電気電子工学の技術は持続可能な社会(サステイナブル社会)の構築に欠かせないキーテクノロジーです。電気電子工学科では、サステイナブル工学の視点と、電気・電子回路や電気磁気学、プログラミングなどのコアとなる基礎科目の理解をベースに、エネルギー、電子デバイス、通信・センサー工学などの多岐にわたる専門科目を修得し、それらを応用した画期的な機器・システムを提案していきます。社会を支える電気・電子のテクノロジーを学ぶ。カリキュラム/学びの流れ1年次より線形代数や微分積分、プログラミングといった工学基礎科目と並行して、コーオプ教育の入門科目もスタート。電気回路、電子回路、信号処理など、電気電子工学科の専門科目も1~2年次から履修が始まります。2~3年次は、より高度な専門学修に進むとともに、全学生が学内外でのコーオプ実習を経験。3年次に3学科合同のサステイナブル工学プロジェクト演習を行い、その成果を4年次の卒業課題に生かしていきます。電気電子工学科卒業後の進路(予定)電子部品・電子電気機器・医療機器・自動車・航空宇宙関連などの製造業、電力・エネルギー、建設・プラント、運輸、通信・ネットワーク分野の研究開発において、サステイナブル工学を応用して活躍できる技術者・研究者 など32TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY電気電子工学科

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る