東京工科大学 大学案内2018
33/144

ココが実学主義ココが実学主義3年次4年次後 期後 期前 期大 学 院 進 学就 職卒 業 課 題 Ⅰ卒 業 課 題 Ⅱ創 成 課 題英語インテンシブⅣコーオプ演習Ⅲサステイナブル工学プロジェクト演習信頼性工学知的財産権サステイナブル電気電子、発変電工学、グリーンエネルギー、送電システム、パワーエレクトロニクス、集積回路、プロセス工学、マイクロプロセッサ、オプトエレクトロニクス、通信システム卒業後の進路(予定)電子部品・電子電気機器・医療機器・自動車・航空宇宙関連などの製造業、電力・エネルギー、建設・プラント、運輸、通信・ネットワーク分野の研究開発において、サステイナブル工学を応用して活躍できる技術者・研究者 など液体中の熱プラズマの実験マイクログリッド実験装置ハイパワーシステム研究室新海 健 教授プログラミング基礎電気電子工学の領域においても必須のプログラミング技術を学修。基礎的な概念から文法までを実践的な授業で修得します。工学基礎実験Ⅱ電気関連の装置やシステムは、社会を支える重要な役割を担っています。本授業では、物理・電気電子基礎系の実験とマイコン基礎系の実験を通して、それらに関する基礎技術を修得します。電気電子工学実験Ⅱエネルギー、機器、信号処理技術の実験を行います。プラズマ診断、パワーエレクトロニクス、ワイヤレス給電、デジタル信号処理、はんだ付けによるアンプ製作など、実学に基づく専門能力の基礎を固めます。電子デバイススマートフォン、ゲーム機、パソコンなど、多種多様な製品に用いられる電子デバイスの仕組みや動作原理を学びます。エネルギーの安定供給をめざして研究室紹介地球環境に対して負荷の少ない、太陽光や風力などの「再生可能エネルギー」を大量に導入していくには、電力ネットワークの安定化が大きな課題です。その実現のために不可欠なスーパーグリッドと呼ばれる高電圧直流送電網の開発をめざしているのが、私たちハイパワーシステム研究室です。次世代電力システムの研究を主要テーマとして、産官学連携体制のもと、液中熱プラズマを用いた独自のアプローチで高電圧直流スイッチの開発などに取り組むほか、IoTやAIとエネルギーの融合技術や、水中・宇宙・災害復旧現場などの過酷環境で用いられるロボット、重機などへのワイヤレス給電技術の開発も行っています。路、電子回路、信号処理など、電気電子工学科の専門科目も1~2年次から履修が始まります。2~3年次は、より高度な専門学修に進むとともに、全学生が学内外でのコーオプ実習を経験。3年次に3学科合同のサステイナブル工学プロジェクト演習を行い、その成果を4年次の卒業課題に生かしていきます。※代表的な科目のみ記載。変更になる場合があります。グリーンエネルギー太陽光・風力・小水力・地熱発電、燃料電池などの原理と特徴を理解し、その効率的な利用に必要な知識を学びます。※写真の車輛は過去にワールド・エコノ・ムーブ(WEM)に参戦した「Dream Challenger Ⅲ」。31TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY電気電子工学科

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る