東京工科大学 大学案内2017
30/144

CHECK!最新情報・動画コンテンツを 配信中。■ コンピュータ・ソフトウェアコース  ■ システムエンジニアリングコース  ■ ネットワークコース  ■ 応用情報コースカリキュラムポリシー教育課程編成・実施の方針コンピュータサイエンス学部では国際的な教養と豊かな人間性、高い倫理性と創造性を、人文・社会、外国語、情報・数理・自然科学、社会人基礎・ウェルネスなどの科目で修得する。次に、コンピュータサイエンス分野における基礎知識や基礎技術を学び、さらにプログラミング、情報システム開発、情報ネットワークの応用、各種アプリケーション開発など先進的ICT知識やその技術を学修し、これらの知識や技術を総合的に活用して問題解決や新しい価値の創造ができる能力を養う。4年間の学部教育の集大成として卒業課題やその準備となる創成課題を学修し、修得した知識や技術を実学的に活用しながら、最終的にはコミュニケーション能力、論理的な思考能力、分析・評価能力、問題解決力を身につける。ディプロマポリシー学位授与の方針コンピュータサイエンス学部に所定の期間在学し、コンピュータサイエンス学部の教育理念である確固たる基礎力、発展性ある実践力、さらには高い倫理観およびビジネスマインドを備え持つ活力あるICT人材の育成に沿って設定した教養教育科目、専門基礎教育科目、専門教育科目を履修して、124単位以上を修得し、学士の卒業試験に合格することが学位授与の要件である。修得すべき授業科目には、講義科目のほか、コンピュータサイエンス学部の定める演習、実験や卒業論文の作成等が含まれる。主に全学部共通で行われる教養科目とコンピュータサイエンス学部の特性に応じて編成された実学的な専門科目をともに修得しており、コミュニケーション能力、論理的な思考能力、分析・評価能力、問題解決力を身につけているかどうかが、学士の卒業試験に合格する基準となる。コンピュータサイエンス学部のアドミッションポリシーはP.14をご覧ください。School of Computer Scienceコンピュータサイエンス学部コンピュータサイエンス学部は、最先端のICT実学を学びの対象として、コンピュータサイエンスの中核をなすプログラミングの基礎から応用までを体系的に修得できる学部です。昨今、医療の現場でもICT(情報通信技術)を活用する動きが始まっていることを受け、本学部では2016年度より、「医療IoTプロジェクト」がスタート。新たな分野への挑戦にも対応する多彩な技術分野を学べる4コース体制のもと、専門性と実践性を兼ね備えた、真に社会に求められるエンジニアの育成をめざします。コンピュータサイエンス学部は、「医療IoT」などの先進的ICTで、世界をリードします。男1,833名  女140名2016年5月1日現在http://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/cs/学生数WEBNTTアドバンステクノロジー/NTTデータ/キヤノン/KDDI/コナミデジタルエンタテインメント/サイバーエージェント/ソフトバンクグループ/DeNA/デル/東芝ソリューション/ドコモ・テクノロジ/ドワンゴ/日本アイ・ビー・エム/日本銀行/日本電気/任天堂/博報堂アイ・スタジオ/東日本電信電話/インテック/東日本旅客鉄道/カプコン/セガ/日立製作所/富士通/ヤフー/楽天基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、Linux技術者認定制度、電気通信主任技術者、陸上無線技術士、シスコ技術者認定(CCNA、CCNP など)、インターネット実務検定、UMLモデリング技能検定 ほか主な就職先主な資格八王子キャンパス28TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY

元のページ 

page 30

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です