東京工科大学 大学案内2019
29/144

PlanetPlPla境環 境環 境ProsperitypyProsperity産 業環境・産業・人間が共存し、未来に向けて持続可能な社会づくりを支える新たな観点の学問「サステイナブル工学」が学べる。サステイナブル工学とは、持続可能な社会(サステイナブル社会)のために、環境、産業、人間という広い視点で工業製品や技術を見つめ、製品のライフサイクル全体を設計・評価する工学を指します。工学部では、サステイナブル工学の基礎を学んだうえで、3学科合同の演習も行い、サステイナブル工学を体系的・実践的に学びます。首都圏理工系大学初の、「コーオプ教育」プログラム。就学研修ではない学外での実習が、新しい刺激と効果を生み出す。工学部の実学教育の柱が独自のコーオプ教育(Cooperative Education)です。これは2年次または3年次に、全学生が約2ヵ月間の産学連携による就業経験を行うものです。学生は就業経験先で、授業で学んだ知識や技術の意義と課題を発見し、学ぶ意欲や実践力を高めるとともに、就業力強化につなげます。今後社会や技術が進化しても、世界で通用するワールドワイドなエンジニアをめざせる教育。産業のグローバル化が進む現在、エンジニアにも国際的なセンスや教養、語学力が必要となっています。工学部では、教養科目を通して豊かな教養や語学力、社会人基礎力を養成。さらに、グローバルな視点を養うため、専門科目の一部の講義では、英語によるテクニカルな記述力育成を考慮した独自の教育を行います。特 長■ 機械工学科  ■ 電気電子工学科  ■ 応用化学科八王子キャンパス27TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY工学部

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る