東京工科大学 大学案内2019
26/144

幅広い知識と経験を持った「人間力」を身につけるために。教養学環Department of Liberal Arts学生自身が主体となり、自分たちで答えを導き出す学修方法「アクティブラーニング」を活用。従来よりも学びが断然楽しく、教育効果が期待できます。今までより学びが面白くなる、アクティブラーニング。外国語科目や社会人基礎科目を中心に、1クラスあたりの人数を少数に絞った授業を実施。効率的かつ積極的な協同学修を行っています。一人ひとりに目が行き届く少人数の教育プログラム。地域活性化を目的としたボランティアに参加するサービスラーニング実習を実施。実習を通して主体性・協調性、コミュニケーションなどを総合的に学修します。机上だけではない、地域貢献で 学ぶサービスラーニング。専門的知識を深めるために重要な英数系基礎科目の習熟度別支援や授業に関する個別指導などを課外に受けられる「学修支援センター」を設置しています。学びの不明点をフォローする 「学修支援センター」を設置。急速に技術が進歩し、グローバル化が進む21世紀の社会で活躍するためには、さまざまな問題を発見、解決できる力が求められます。この能力を育む基礎となるのが、国際的な教養と語学力、そして社会人基礎力です。東京工科大学では、実学主義教育の一環として学部横断的に国際的教養を学ぶ「教養学環」を設置。社会人としてふさわしい教養と基礎力を兼ね備えた、世界に通用する「人間力」を身につけます。24TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY教養学環

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る