東京工科大学 大学案内2017
23/144

カリキュラム・学びの流れ※代表的な科目のみ記載。変更になる場合があります。教養教育科目心理学、英語SLⅠ、英語RWⅠ、情報リテラシー、情報リテラシー演習、数学概論、生物の世界政治学、経済学、英語SLⅡ、英語RWⅡ、化学の世界現代社会論、英語インテンシブⅠ、自然とエネルギー、中国語Ⅰ、フランス語Ⅰ 英語インテンシブⅢ 総合社会Ⅱコミュニケーション論コーオプ演習Ⅲサステイナブル工学プロジェクト演習フーリエ解析プログラミング応用信頼性工学知的財産権加工学、システム制御基礎、ロボット運動学、システム工学、サステイナブル機械設計、機械工学特別講義Ⅰ、機械工学応用実験制御システム設計、ロボット知能学、計算力学、サステイナブル生産技術、機械工学特別講義Ⅱ、機械創造応用サステイナブル工学基礎コーオプ演習Ⅱコーオプ実習、地域連携課題、工学英語A・B、サステイナブル工学実習微分方程式、確率と統計、安全工学、電気電子回路Ⅱ計測工学、機械力学、流体力学、熱力学、機械工学基礎実験、機械製図実習3D-CAD実習マイクロコントローラ実習学部共通科目 コーオプ企業論コーオプ演習Ⅰ専門基礎科目微分積分Ⅰ基礎力学微分積分Ⅱ、線形代数、電磁気学、電気電子回路Ⅰ、工学基礎実験、プログラミング基礎専門科目機構学機械創造基礎材料力学卒業課題Ⅰ卒業課題Ⅱ大 学 院 進 学就 職社会人基礎科目・ウェルネス科目 創 成 課 題前 期後 期前 期後 期前 期前期 後期後 期1年次2年次4年次3年次フレッシャーズゼミ、海外研修、海外語学研修、インターンシップ、サービスラーニング実習、スポーツ実技 ほか1年次より線形代数や微分積分、プログラミングといった工学基礎科目と並行して、サステイナブル工学に関連する学部共通の専門科目や、コーオプ教育の入門科目もスタート。機械力学、熱力学、機械工学基礎実験など、専門科目も1~2年次から履修が始まります。2~3年次は、より高度な専門学修に進むとともに、全学生が学内外でのコーオプ実習を経験。3年次に3学科合同のサステイナブル工学プロジェクト演習を行い、その成果を4年次の卒業課題に生かしていきます。私たちの研究室では、サステイナブル社会の構築のために、陸海空を問わず多様な社会課題の解決に役立つロボットの研究をしています。これまでに地雷探知ロボット(地雷埋設国での現地試験実施中)、水難救助や海底調査を目的とした二重反転プロペラを備えた水中移動ロボット、空からの監視やさまざまなサービスの提供をめざした小型ドローンなどの研究に取り組んでおり、最近では新しい「ワーム型ロボット」システムを提案し、その研究開発を進めています。ワーム型ロボットは断面積が小さく、細長い体幹をしているため、一般の移動ロボットが通過できない崩落事故や自然災害現場などの狭い空間へ進入して活動できる利点を有しています。当研究室で提案するワーム型ロボットは、世界的にも例がない外部の「押し出し機」によって推進させている点を最大の特徴にしています。現在までに、長さ30cmほどのモジュール30個からなる総長10m弱のワーム型ロボットを制作して実証試験を進めています。技術的な課題の多くは克服されつつあり、近いうちの実用化も期待されています。ヘッド部分には、レーダーアンテナやLED、カメラ、ガス吸引口が備えられる。国際ロボット展に出展し、崩落事故現場を再現したブースにてデモを行った。陸海空移動ロボティクス研究室 福島 E. 文彦 教授研究室紹介特徴ある移動ロボットを開発21TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY機械工学科Department of Mechanical Engineering

元のページ 

page 23

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です