東京工科大学 大学案内2018
136/144

OB&OGからのメッセージ東京工科大学のキャリアサポート徹底的な自己分析を出発点に、 やりたい仕事ができる企業に就職決定!きめ細かな面接トレーニングのおかげで 自分の考えを明確にアピールできました。本格的な就職活動を前にした3年の後期になっても、私はやりたいことやめざす進路が定まっていませんでした。そんなとき、かつて私と同じ迷いを経験した先輩に勧められ、キャリアサポートセンターを利用することにしました。最初に取り組んだのは、徹底的な自己分析です。中学・高校・大学でそれぞれ力を入れたことを書き出し、スタッフの方と顔を突き合わせながら、自分の強みやそのアピールの仕方を明確にしました。また、めざす業界が絞れてきてからは、各業界に合ったエントリーシートの書き方についても助言をいただき、大いに参考になりました。そのほか、多くのサポートのおかげで、自信を持って就職活動を進めた結果、私が一番やりたい「お客様と一緒に考える仕事」ができるICT系企業に就職が決まりました。授業をきっかけに産業保健の興味が湧き、私も産業保健師として、働く人々を支えたいと考えるようになりました。志望したのは実習先でもあった企業です。実習では社員の皆さんに保健指導を行う保健師の方から、たくさんのことを学ばせていただきました。この人のもとで、そして産業保健に積極的に取り組むこの会社で働きたいとの強い思いがめばえました。就職活動をするにあたってはキャリアサポートセンターに相談。資料の提供から面接の練習まで親身にサポートしてもらいました。何度も面接トレーニングをしていただいたおかげで、本番でも不安なく自分の言葉で明確に考えを伝えられました。不安も心配も大きい就職活動ですが、キャリアサポートセンターを信じて取り組んだことが勝因だと思っています。株式会社クロスキャット小宮山 なつ美 さん2017年3月メディア学部卒業県立小山高校出身(静岡県)富士通株式会社齊藤 亜希 さん2017年3月医療保健学部 看護学科卒業県立松陽高校出身(神奈川県)失敗から立ち直り、教訓を生かせたのは キャリアサポートセンターのおかげです。食品業界に進みたい希望はあっても、就職活動の進め方がわからなかった私にとって、キャリアサポートセンターの存在は心強いものでした。まず、取り組むべきことのリストアップに始まり、自分の長所・短所の把握、履歴書の添削、企業の検討まで、一から十までお世話になったといっても過言ではありません。また、本命視していた企業の面接に失敗して落ち込んでいたときは、スタッフの方の励ましとアドバイスのおかげで立ち直ることができました。最初に内定をいただいたのは、学内の合同企業説明会で興味を持った会社です。この大学の卒業生の採用実績もあり、業務内容や勤務地などの条件も希望にぴったりだったので即決しました。失敗の教訓を生かして、スタッフの方と面接の練習を重ねたことも良い結果につながりました。横浜乳業株式会社加藤 竜之輔 さん2017年3月応用生物学部卒業県立長良高校出身(岐阜県)134TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYキャリアサポート

元のページ  ../index.html#136

このブックを見る