東京工科大学 大学案内2018
132/144

1年次2年次3年次Pick Up!奉仕活動を通じて社会を知り、問題意識を育む、教養教育の選択必修科目。学外で体験的に実践能力を磨く実習です。サービスラーニング実習3年次2年次1年次必修の社会人基礎科目をはじめ、基礎力向上支援により、大学生活への適応、4年間を充実させるための目標設定と計画立案を行います。キャリアビジョン(働く側面から見た目標)を設計し、ボランティアなど社会活動への参加により、実学主義の実践を図ります。計画的な就職活動の支援として、筆記試験対策や面接対策を実施。さらにインターンシップを通して学びの成果を実践します。約2ヵ月間の就業経験を行うことにより、実践力を身につけるとともに、会社の一員として作業する責任感、コミュニケーション能力、就業報告書や改善提案書などの作成力といった社会人基礎力を高めます。コーオプ実習 (工学部)Pick Up!基就理成社会人基礎力を身につける自分の成長度を知る社会への理解を高める就業力を高める基礎力の養成→就業力の向上→実践スキルの修得と段階的に就業力を身につけていきます。実際に企業などの社会現場に赴き、体験を通して学びます。事前・事後教育と合わせて就業経験を行います。カリキュラム大学生活への適応と4年間の目標設定を行います。また、チームでの協同学修により社会人基礎力を養成します。ボランティア活動を中心に社会に貢献できる人材の育成を図ります。全科目、社会人基礎力を養成する目的で、全面導入しています。アクティブラーニング基就事前・事後教育と合わせて就業経験を行います。フレッシャーズゼミ Ⅰ・Ⅱ基就集中実技基就キャリアデザイン Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ基理就サービスラーニング実習基理就コーオプ実習(工学部)基理成就インターンシップ基理就コーオプ実習(工学部)基理成就研究室配属基理成(一部学部により異なる)海外研修/海外語学研修基成理海外でのグループワークなどを通して、国際感覚や異文化 海外でのグループワークなどを通して、国際感覚や異文化 スポーツを通して積極的なチャレンジ精神を養うとともに、学外で仲間や自然との共生を体験します。[Plan/計画]➡[Do/実行]➡[See/可視化]の繰り返しにより、社会人基礎力の養成と継続的なレベルチェックを行うことで、合理的なキャリア教育を行います。3Actionつのキャリア形成における基盤となる社会人基礎力の養成、社会で機能する就業力の醸成、希望する職種への就職を決めるための就職活動のスキルを、それぞれ段階的に積み上げていきます。PlanDoSee基礎力、応用力、実践力の段階的な積み上げカリキュラムの中で、自身の到達度をチェックする機会も設けています。たとえば「キャリアデザイン」の授業では、就職環境・情勢の理解に加え、模擬エントリーシート作成や模擬面接なども実施しながら、自身の到達レベルを把握していきます。到達レベルを見える化し、効果的な成長につなげる全ての授業で導入されているアクティブラーニング。学生が能動的に授業に関わることにより、自ら考えて、自ら行動する力を日常的に授業の中で育んでいきます。アクティブラーニングによる行動力強化将来のキャリア形成に役立つ力を育てます。就職はもちろんですが、キャリアと人生を形成するうえで、大学で過ごす4年間は、大切な期間です。東京工科大学では、「キャリアサポートセンター」を中心に、学生の希望と適性に合わせてキャリア形成や進路選択ができるようサポートしています。情報提供や各種プログラムなど、学生の就職をよりきめ細かく支援するとともに、自分から考え行動するための主体性や人と交渉していく力など、社会で活躍するための地力を身につける支援も行っています。社会人として活躍するために必要な能力が 「社会人基礎力」です。 東京工科大学では、入学直後から将来を考え、 計画的にこの力を養成していく 実践型キャリア教育を行っています。 将来を意識しながら段階的に学べるのが特長です。実践型キャリア教育東京工科大学のキャリアサポート130TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYキャリアサポート

元のページ  ../index.html#132

このブックを見る